神に進化したので世界で最強になりました

アスラル

第22話神界と神王と謎


俺は創造神との相談が終わったので、意識を自分の体に戻した。

俺は目を覚まし、体をゆっくりと起こした。
周りを見るとまだ、皆は起きていなかった。
それに、俺が創造神と相談する前は、バラバラに転がってたのに、どういうことか部屋の真ん中に並んでいる。
どういうことだ?
まさかだとは思うが、アイツ(ソルーシュ)が気を聞かしてやったのか?
ん~?
ここは感謝をすれば良いのか?
うーむ……

《ここは感謝をした方が良いと推測します》

おー
久しぶりにシエルの声を聞いたわ。
久し振りだなシエル。

《はい。お久し振りですねマスター》

挨拶はこのくらいにして、と
なぁシエル。
アイツらは大丈夫だよな?

《はい。今解析鑑定をしましたが異常は感じ取れませんでした。寧ろ今の方が良いと判断しました》


どういうことだ?

《はい。マスターが深い眠りにつく前、ですから、彼等を眷属化して直ぐの彼等は魔素が不安定でした。ですが、マスターと創造神ソルーシュが種族を決めたことにより、彼等の魔素が落ち着きそして彼等の体に定着し始めているのです。今、彼等が眠っているのは、体を再構築しているためです。なので、心配しないでください。マスター》

なるほどな。
なんとなく理解した。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
(作者です)

(先ほど出ました『魔素』ですが、これは
 魔素=MP を意味しています。
 あと、この世界は魔素が無いと魔法が撃てないという感じなので、魔素が有れば有るほど超広範囲の魔法を1人で撃つことが可能になるということです。)

(すみません。こんな中途半端な所で作者が登場してしまい。本当にごめんなさい!)

(それでは、続きをどうぞ!)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


うーむ……

俺に難しい話しは少々無理だな。

と、言うわけで、シエルさんしりとりしない?
暇すぎて、とうとうスキルと遊ぶ俺が此処に居る。
《分かりました。それでは、マスターからどうぞ》

『しりとり→りんご』

『りんご→ごま』

『ごま→マダイ』

『マダイ→イルカ』

『イルカ→カエル』

『カエル→ルビー』

『ルビー→美人』

あっ!
ヤバイ!負けた…

《マスターの負けですね》

うるさいな!
もう一回だ!

その時。
神矢が、目を覚ました。

「う……ん?ここは?俺はどうなったんだっけ?」

「神矢!」

俺は軽く走った。
全力で走ったら、この場所が無くなりかねない。
「ん?あっ!連!無事でよかったよ!」
俺は神矢の顔を見て安心したのか、涙が溢れてきた。
「このバカ!今回はマジで死んじゃうのかと思っただろうが!」グスッ

「あはは!何泣いてんだよ!お前が泣くと俺まで泣きたくなるだろうが!」
と言いながら、泣いてる。

「既に泣いてんだろ!」

と言い、俺達は他の奴等が目を覚ますまで互いに、生きていることを確かめあった。

その光景を見ているものが、1人居た。
それは、連を使って何かを企んでいる者。
それこそが、創造神ソルーシュだった。

ソルーシュは神界で、不適な笑みを浮かべてこう言った。


「フフ もっと楽しませてよ。神王神楽連。
まだ、運命の歯車は動き始めたばかりだよ」


そんな、ソルーシュを1人だけ影で見ているものが居た。
「………どうしよう………もう  止まらないよ」
静かに、その者は涙を流した。


「神に進化したので世界で最強になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く