話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神に進化したので世界で最強になりました

アスラル

第13話目覚めの後


俺はどうなりたいんだ?
俺はどうなっても良いが神矢達クラスメイトを守りたい。出来る限り守れる人全てを守りたい。
それを守れるだけの力がほしい!
それから後は特に願望が無い。
どうしよう。
う~ん
取り合えず絶対の力とこう世界は自分的な者になりたいなー。あはは。
そんなこと出来るわけ無いよなー
そんなこと思っていると、誰かの声が聞こえた。

《進化が完了しました》

はぁ?
意味が良くわからないが、目を覚まそう。
と言うことで目を覚ました。
ゆっくりと起き上がった。
だが、なんか頭が重たい。
と思い、頭を触る。
そこにはどういうわけか、髪が腰くらいまで合った。しかも髪の色が黒から紫色に変わっていた。
何故!
と思ったのだが驚くのはまだ速い。
変わったのは髪だけではなく、連の身体全てが変わってしまっていた。
俺は自分の身体を見て叫んだ。
「わぁぁぁぁぁーーーー!!!!!」


まっ仕方ないよな。
だって、自分の身体を見たら、背は大人サイズでしかも自分で言うのはおかしいがめちゃくちゃイケメンになっていた。
瞳の色は黒から紫色に変わっていた。
肌の色は薄茶から真っ白と言っても良いくらいだ。
そして服が変わっている。
進化する前は、ダンジョンで着ていた服だ。
なのに今は、白がメインに少し紫が入っている。ドレスのような服だ。
だが、良く見て見ると、この服戦闘の時は自動で動きやすい服装に変わるらしい。
上はドレスのような服だが、下はしっかりとズボンがあった。正直良かった。
もしも、ズボンがなかったらどうしようかと思った。
自分の姿を確認したから自称神に俺はどういう神になったのかを聞いた。そうしたら衝撃の告白があった。

「えっとねー。確かに君は神になったよ?でもその神の種類なんだけどね?神王なんだよーつまりだ僕よりも上の位の存在ってことだね。だから実質神の世界でも他の世界でも世界1強い存在だよ。今の君は敵無しだよ」

マジですかーい。ま  これで神矢達を守ることが出来るな。

「それじゃあ君の仲間が君を呼んでるから連れていくね!」

あっ待って!
お前の名前は何て言うんだよ!

「あれ?言ってなかったかな?僕の名前は、ソルーシュって言うんだよ!何時でも話せるから!」


と言う言葉を最後に俺は自分の身体に意識が戻った。

「神に進化したので世界で最強になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く