神に進化したので世界で最強になりました

アスラル

第8話神矢サイド


神矢サイド

俺は連にしか知らない事が1つだけある。
それは
俺はアニメが好きなことだ。

ホント これ誰かに話すのメッチャ恥ずい
アニメと言っても、異世界転生とか転移モノが好きだから、今回俺がその転移というものを体験できてもう興奮状態だった。
だが、顔には一切出さない。
出したら変人と思われがちだろうから。

召喚されてから数日がたった。
遂にダンジョンに行っても良いと王様に言われた。またしても興奮をした。
もう最高!
あっでも少し冷静に考えればノベルとかでは、たしか……
そうだ!
ダンジョンに行く→魔物を順調に倒していく→ドラゴンとか何かいきなり強い奴でる→主人公が倒される→と思ったら強くなってクラスメイトの前に現れる

と考えると、既にフラグたってんじゃんかよ!
まぁなんとかなるっしょ
このクラスで主人公ぽい奴っていったら~
うん俺一人しか思い付かないわ。
本当にイヤな予感しかしないわ。
この予感が外れますように


くそ~
イヤな予感が的中しましたよ!
さっき言った3つ目の
ドラゴンとか何かいきなり強い奴でる
ってのが今目の前にいるしー
あーもーう
イヤだよー
ここで俺 死ぬんかー。俺の人生で胸張って良かったとか誇り高く生きたとか言えねー。
とか考えてると連が話しかけてきた。
話の内容に俺は驚いた。
はい!?
何ですって!?
なんというかコイツらしいって言うかもうどうにでもなれや!

と言うことで連があの見るからに強そうな奴目掛けて走っていた。
てか走んの速っ!

そのまま
連は大魔法を撃った。
アイツこんなに強かったっけ?
でもダンジョンに行く前に見せてもらったステータスヤバかった。
召喚の時もすごかったがそん時は、それ以上に凄かった。
話を戻す。

え?

今何がおこだたのか俺には理解出来なかった。
今目の前で起こった出来事は、連がドラゴンに殺られて今にも死にそうな姿だった。

おいおいマジかよ!
なんて思ったが、既に俺の足は連の元へ走っていた。
連!
死ぬなよ!死んだら俺が許さないからな!

「神に進化したので世界で最強になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く