魔力ゼロの真の勇者

Nero

17話 宿屋にて4


※読んで頂く前に


この話は『魔王紹介』とは関係ありません。あの話はあくまで、視聴者さんの皆様に紹介させて頂いたものです。ご了承ください。








「やぁ、翼くん。」


「エル?!…じゃあ、ここは神界か」


翼はエルに呼ばれて、神界に来ていた。 


「うん、そうだね。」


「なんで俺を呼んだんだ?まあ、今の状況的に良かったけど」


「ほんとに?翼くん結構楽しそうだったけど笑。」


「楽しいと言うか寝れなかったからな。」



「そうだね。」


エルは真剣な顔つきになった。


「単刀直入に言うよ。実は魔王が目覚めそうなんだ。」


「魔王が…!ついにか、」


「うん、だからいつでも戦えるようにしといて欲しい。」


「分かった。…ちなみに魔王達ってどんなのがいるんだ?」


「あー、そうだね。まずは魔王達を軽く紹介するよ。」


「ああ、助かる。」



その後……



「まあ、こんなもんかな。」


「…エル、1ついいか?」


「んー、どうしたの?」


「エリとレイも剣として使うとすると、実質俺とサリエルでこの人数を倒すのか?言っちゃ悪いが無謀だぞ。」


特にこの双魔剣のフラガボルグ、こいつは格別に強い、気がする。


「あー、言うの忘れてた笑。魔王は7人とも別々の時間、場所で、つまり1人ずつ封印が解けるようになってるんだ。だから1人ずつ倒せるよ。まあ別に仲間は増やしてもいいと思うけど」


「…お前それ先に言うやつだ…まあ安心したけど。んで、その場所は?」


「ほら、この大陸には魔族の国、魔国があるだろ?そこに国が8個あり、それぞれの国を治めているのが魔王達なんだ。魔王はそれぞれそこに封印されてるんだ。魔王は人間領に近い国から封印が解けていく。」


「それも知らなかったぞ…でも国が1個余るけど、もう1つの国には邪神か?」


「その通り、邪神は魔族領の1番端の国に封印されている。」
「ちなみに人間領の1番近くに封印されてる魔王が復讐のレヴェンだ。」


「復讐、6位か…」


「6位と言っても油断はダメだよ。魔王相手に油断したら死ぬよ。」


「そ、そうだな。」


翼はエルの圧と真剣さを感じ、それ以上言えなかった。


「まあ、呼んだのはそういう事だよ。」


「なるほどな、まあ頭に入れておく。」


「うん、じゃあよろしくね翼くん。」


「ああ、またな。」


その会話が終わると、翼はベッドの上に戻ってきた。


─あ、しまった。邪神倒したら俺はどうなるのか聞くの忘れた…!


まあ今度でいいか…


それより、魔王か…勝てるのか?


…いや、みんなで頑張ればやれるはず…!


そんな事を考えていて気づかなかったが、ふと右手に温もりを感じた。


─なんだ、温かいな…


そう思い、見ると


レイの左手と俺の右手が繋がれていた。


─…な、なんでだぁぁーー! 


心拍数が上がる。


俺は繋いでないぞ…もしかしてレイがか?


…いやいや、ありえないか。





翼はレイと手を繋いだまま、色々考えて、結局一睡も出来ずに朝を迎えたのであった。



「魔力ゼロの真の勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く