魔力ゼロの真の勇者

Nero

11話 冒険者ギルドにて3

翼達は後ろから声をかけられた。


「おいおい、お前らみたいなのが、ハイウルフの討伐だと?しかも10体も。はっ、お前らみたいなのには、ゴブリン程度がお似合いだよ。ほら、分かったなら、そこどけよ!」


そこには、大柄な3人組の男の冒険者がいた。


なにこれ、テンプレ来たわ。
はぁ、めんどくさ


「は、別にいいでしょ。」


「…君たちには関係ない…」


「そうですね。首を突っ込まないでくれます?」


エリ、レイ、サリエルの3人は結構怒っていた。


「な、なんだと?このCランク冒険者のカッスー様に喧嘩売るのか?」


なんだこいつ
俺もイライラしてきた。


「は?あんた何言ってんの最初に喧嘩売ってきたのはあんたらだろ笑。」


てか、Cランクって俺らより下だろ笑
しかも、カッスーって笑


「う、うるせぇ!」


カッスーは、そう言いながら、背中に背負っていた剣で切りかかってきた。


「おっそ」


翼は、それを余裕でかわし、カッスーの後ろに移動し、いつの間にか創造していた剣を首元に当てていた。
全てが一瞬だった。


「…え、何が…」


カッスーとその仲間は何が起こったか分からずにいた。


その瞬間、カッスー達が震えだした。


「…あ、あああ…!」


翼が覇気を使ったのだ。もちろん、亜神覇気なんて使ったら、こいつらは死んでしまうので、普通の覇気だ。それもレベルを抑えたやつ。


「…す、すみませんでした…!許してください!」


カッスーが頭を下げてきた。他の2人も謝ってきた。


「謝ればいいんだ。これからは気をつけろよ。」


翼はそう言うと、覇気を解き、剣をしまった。


「は、はい!」


カッスー達3人はそう言うと、走って逃げていった。


「はぁ、疲れた。」


「おつかれ、翼。」


「…あいつら…ウザかった」


「あんなやつらもう少し懲らしめても良かったのでは?」


エリは笑顔で言ってきた。


レイはなんか怖かった。


サリエルはもっと怖かった。


「あのくらいでいいんだよ、あれ以上したら、俺の悪評が広まっちまうからな。」


「もう広まっちゃってるかもね」


エリがからかいながら言ってきた。


「まあとりあえず、この依頼でいいか?」


「いいよ〜」


「…レイもそれでいい」


「頑張りましょうね」


「よし、じゃあこれで受けてくる。」


翼はそう言うと、受付嬢の元へ歩いていく。


「あの、このクエストを受けたいのですが、」


「あ、先程の…はい、分かりました。ハイウルフ10頭の討伐ですね。ですが、ハイウルフでいいんですか?」


受付嬢が言ったことは、君たちには余裕なのにこれでいいのか?という意味を込めた感じだろう。


「大丈夫ですよ。そんな最初から高難易度クエストに挑むなんて調子乗ってるやつがすることですからね。」


「まあ、確かにそうですね。」
「分かりました。」
「ああ、後、討伐対象ではない魔物が乱入してきても討伐したら報酬金が出ますから。その時は倒してもらって大丈夫です。」


「はい、分かりました。アドバイス感謝します。」


「いえいえ、ではお気をつけて行ってきてください。」


翼は頷く。


「ただいま〜」


翼は3人の元へ戻ってきた。


「おかえり〜」


「…おかえり…」


「クエストは受けれましたか?」


「ああ、受けてきたよ。」


「楽しみね」


「…初めてのクエスト…」


「今度こそ、皆のお役に立ちたいです。」


「ああ、みんなで頑張ろうか」


4人はクエストに出発した?

「魔力ゼロの真の勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー349585

    名前がいかにもモブって感じですね笑

    0
コメントを書く