魔力ゼロの真の勇者

Nero

8話 隠蔽

馬車で移動していた時の事


「あ、」


翼はある事を思った。


俺達4人ってステータス隠蔽とかした方がいいんじゃね?それと、俺以外の3人は、見た目大丈夫か?


4人達…特に翼は、ステータスを人に見せれるものでは無くなっていた。このままだと、冒険者ギルドに行った時に困るんじゃないか、と。


翼の心読んだエリが言った。


「…私達って、聖剣と魔剣であり、神級精霊だもんね。それに、サリエルは四大天使だし…」


それに続けて、レイが


「…サリエルはただ…人の姿になればいいだけ…でもレイ達は…剣…どうすればいい?」


少し悲しそうにそう言った。


これには、困った。


聖剣と魔剣…しかも最上級の…。このふたつを持ってて、しかも神級精霊ときた。確かにこれだと、俺達が目立って…


「あ、そうだ。」
「2人とも、人間の姿なって戦うっていうのは?どう?もちろん、姿変えて。」


俺はそう提案した。


「え?でもそれだと…」


「…翼くん…なんの剣使うの?…」


2人は不思議そうに、そして心配そうに言った。


「俺は…そうだなぁ。創造で適当に作ったやつを使うよ。」


「…そっか。まあ、そうだよね。」


「…翼くん…レイ…使わない」


2人は寂しそうにそう言った。


「…まあ、ほんとにヤバくなったら、もちろんお前らを使うけどな。(頼れる剣だし(ボソッ))」


「ん?最後なんか言った〜?」


エリは気づいたのか、少しニヤニヤしながら言ってきた。


「え?ななんも言ってないけど笑」


「…翼くん…レイ…使う」


レイは喜んでいたのか、笑顔だった。


…可愛かった笑。


「よし、じゃあ、ステータス隠蔽するか。って…こいついつまで寝てんだよ…」


翼は、隣で気持ちよさそうに寝ていたサリエルに向けてそう言った。


「ほら、サリエル起きて!」


エリが起こそうとする。


「…あ、おはようございます皆さん。………どうしたんですか?皆さん黙っちゃって。」


「あのなぁ、今何時だと思ってる?」


実際、今は11時くらいだ。まあ、遅いよな。


サリエルはそれに気づき、


「…すみません、なんか、変な夢を見てしまったせいでしょうか…」


「へぇ、どんな夢?」


エリが興味をもって聞き返した。


「えと、馬車の中で、その、翼とレイが…一緒に寝ていて、つつ、翼がレイのむ、胸を……!」


「「「..................。」」」


3人は、一瞬で黙った。レイは顔が真っ赤に染まっている。翼なんて、顔が固まる程だ。


「あ、あくまで、あくまでも夢の話ですからね!気にしないでください!」


「そ、そうだよな!ゆ、夢だよな!あはは…」


「…夢…怖い…」


「ほんとに夢だったのかな〜笑。」


翼とレイは同様を隠せずにいた。


エリは、1人、凄く楽しそうだった。


「ま、まあ、その話は置いといて。」

「エリとレイと話したんだけど、サリエル、これから街に行くわけだから、

…….........というわけだ。」


翼は、さっき話したことをサリエルにもう1度言った。


「なるほど…確かに、言われてみればそうですね。…いいですね。人の姿も楽しそうですし笑。」


サリエルは笑顔で言ってくれた。


「よし、そうと決まれば、早速ステータス隠蔽をするわけだが、みんな隠蔽スキル持ってるな?」


3人が頷く。


「じゃあ、あとは各自に任せる。」


「はーい。」


「…がんばる」


「分かりました。」


…でも、ステータス隠蔽って難しいな。強い、弱いの基準が分からないからなぁ。まあ、適当にやってみるか。


30分後


「みんな出来たかー?」


翼が呼びかける


「出来たよー!」


「…できた」


「出来ました」


「じゃあ、見せ合おうか。俺からいくぜ。」


「ステータスオープン」





※【⠀】は、本来のもの



葉坂翼(はさかつばさ)




<人間族>【人間族?】




Lv60【135】



HP                55000【1350000】


MP               0【0】


攻撃力          50000【1280000】


防御力          50000【1360000】


魔法防御力   48000【1060000】


物理防御力   48000【1060000】


俊敏性           51000【1070000】


知力              61000【1251000】


運     35000【600000】




<称号>

創造神の加護

勇者見習い



<スキル>


※元々のスキルレベルは全て10です

身体強化Lv5      HP自動回復Lv5    

覇気Lv3    体術Lv5   剣術Lv5

アイテムボックスLv3   鑑定Lv7   

飛行     言語理解   

全属性耐性Lv3

隠蔽Lv3      創造Lv6




<魔法>

なし





「…まあ、そんなもんよね。」


3人は納得したように頷いていた。


「次は私ね。」


「ステータスオープン!」





<エリ>【エリ 聖剣エクスカリバー】




<人間族>【妖精族】




Lv55【99】



HP                 46000【250000】


MP            45000【290000】


攻撃力             42000【230000】


防御力     70000【310000】 


魔法防御力     35000【150000】


物理防御力      35000【160000】


俊敏性              41000【210000】


知力                  26000【175000】


運        23000【300000】




<称号>

神級精霊の加護


<スキル>

身体強化Lv3【10】   隠蔽Lv2【10】

飛行     言語理解   鑑定Lv5【10】

全属性耐性Lv3【5】 剣術Lv5





<魔法>

光魔法Lv5【10】      回復魔法Lv5【10】

結界魔法Lv5【10】    風魔法Lv3【5】

精霊魔法Lv3【10】





特に言うことがない…


「次行こ」


「…次…レイ…」


「…ステータス…オープン」





<レイ>【レイ(魔剣レーヴァテイン)】




<人間族>【精霊族】




Lv55【99】



HP                  46000【270000】


MP           44000【270000】


攻撃力             54000【350000】 


防御力     50000【273000】


魔法防御力      40000【130000】


物理防御力      41000【143000】


俊敏性              43000【210000】


知力                  43000【215000】


運        45000【260000】




<称号>

神級精霊の加護


<スキル>


身体強化Lv5【10】    隠蔽Lv5【10】 

飛行     言語理解    体術Lv5【10】

全属性耐性Lv3【5】 剣術Lv5





<魔法>

炎魔法Lv5【10】      土魔法Lv5【10】

結界魔法Lv5【10】    精霊魔法Lv3【10】

闇魔法Lv3【5】



「最後は私ですね。」


「ステータスオープン」






<サエル>【サリエル(四大天使)】




<人間族>【女神族】




Lv45【99】



HP                 34000【150000】


MP            36000【190000】


攻撃力             35000【130000】


防御力             32000【150000】


魔法防御力      33000【150000】


物理防御力      32000【160000】


俊敏性              30000【110000】


知力                  41000【375000】


運        35000【200000】




<称号>

帝級天使の加護

絶対神の加護


<スキル>


身体強化Lv5【10】    

飛行     言語理解    女神スキルLv5【10】

全属性耐性Lv3【6】     隠蔽Lv3【10】





<魔法>

光魔法Lv5【10】      回復魔法Lv5【5】

結界魔法Lv5【5】    風魔法Lv5【5】

水魔法Lv5【5】



「…まあ、みんな同じくらいだな。」


みんなのステータスを見せ終わったが、…まあ、この位で大丈夫だろ。

と翼は感じた。


「次は、外観だな。…サエル?」


「4人だけの時は、サリエルでいいですよ。」


「分かった。サリエル。お前は、その翼を消すだけでいい。出来るか?」


サリエルの背中には、綺麗な4対の翼が生えていた。…流石にこれだと天使だと分かる。


「はい、出来ますよ。」


サリエルがそう言うと、背中に生えていた翼が消えた。


「サリエルはこれでいいな。」


「エリとレイは、そのままでもオーラ隠せるか?」


エリとレイは、神級精霊なだけあって、相当なオーラを纏っていた。


このままだと、すぐバレてしまう。


「もちろん!私を誰だと思ってるのよ。」


「…楽勝」


「…よし、これでいいな。2人とも、見た目は人間とほとんど変わんないからな。」


翼は、2人のオーラが消えたのを確認してそう言った。


「これで街に入れるな…」


安心する翼であった。










補足

<隠蔽>
·自分の姿、ステータスなどあらゆるものを隠蔽することが出来る。
·隠蔽する前の力を出せないように制限をかけることも出来る。(隠蔽を解除すると元に戻る)








「魔力ゼロの真の勇者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く