《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第6-8話「学院祭 Ⅷ」

 生徒会室を出る。



「いったいどうなってるんだ? 媚薬って言ってたけど」
「ケネスぅ」
 と今度はヴィルザが抱き着いてきた。



「うわっ。お前もかよ!」
「私もここ数千年は、男とまぐわっておらんじゃ。私だって欲求を覚えることはある」



 背中からからみついてくるのだが、この身長差だとまるで、ケネスがヴィルザのことを負ぶっているような図だった。ヴィルザのひかえめな乳房が、ケネスの背中でやわらかく潰れている感触があった。



「オレだって男なんだからな。あんまり、挑発してると、マジで襲うぞ」



「私は構わんぞ。押し倒されるのも悪くはない。童貞をもらってやる」



 マジで襲ってやろうかという考えがよぎったのだけれど、媚薬に誘われたこんな異常事態で襲うというのも気が引ける。



「何が起きてるんだよ」



「かなり強力な媚薬が、学院内に蔓延していると見て間違いないのぉ」



「ここは5階だぞ」



 もしや下はヤバいことになっているんじゃないか。危惧して校庭を見下ろすと、案の定だった。遠目なのでよくわからないが、男と女がくんずほぐれつ乱痴気騒ぎの様相をていしている。



「これほど強力な媚薬……。私には覚えがある。《神の遺物アーティファクト》。愛の女神アクロデリアの香水」



 こんなフザケタ騒ぎに、まさか《神の遺物アーティファクト》が関わってくるとは思わなかった。



「近くにあるってことか」
「間違いない。この学院内のどこかにはある。使われておる」



 さきほどガルシアが言っていた。



 帝都から『アースアースの鉱石』と『アクロデリアの香水』が持ち出されて、目下捜索中だ――と。



「でも、誰がなんのために」
「コゾウを抹殺するための騒ぎじゃ。気を付けろ」



 ヴィルザはケネスの背中にしがみついたまま、耳元でささやくように言った。



「オレを?」



「トウゼンであろう。『アースアースの鉱石』をグラトンに渡した者と、同じヤツが関わっているとすれば、そいつの狙いはケネスの抹殺であろう」



「クソッ、なんで命を狙われなくちゃいけないんだ!」



 いつどこから刺客がやって来るか、わからない。魔術実践学の期末テストからは、ほとんど、そういう警戒心を抱いて過ごしてきた。実際に刺客がやって来たのは2回だけだが、警戒はずっとしておかなければならない。精神的に疲れる、この頃、煙草を吸う量も各段に増えてきた。



「ひとつ考えられるとすれば、第一皇子の手の者か」



「第一皇子が、どうしてオレを殺そうとするんだよ」



「第一皇女やガルシア・スプラウドの入れ込み具合から見れば、ケネスの功績というのは、帝国にとってかなりの大きいものらしい。軍に入れば、ケネスは伯爵ないし、子爵程度の影響力を持つと考えても良い」



「オレが?」
 それだけのことは、やって来たであろう――とヴィルザは続けた。



「影響力のあるケネスが第一皇女側につくことを怖れて、殺しにかかって来た――という考えも出来る」



「そんな殺生な」
「あるいは――これは私の予想なのじゃが」



「なんだ? 他にもあるのか」
「気づかれておるのではないか」
「だから、なにに?」



 ヴィルザはさらに口もとを寄せてきて、男みたいに低い声音で言った。



「魔神ヴィルザハード復活のために、《神の遺物アーティファクト》を破壊して回っていること。気づいた者がおるのではないか?」



 それを聞いて、ケネスは後頭部をグワンと殴られたような衝撃に立ちすくんだ。



 たしかにケネスは魔神ヴィルザを復活させようと目論んでいる。その考えは、傍から見ると、狂気の沙汰としか思えないはずだ。魔神ヴィルザハードがそんなに悪いヤツじゃないってことは、ケネスは知っている。でも、他の誰もそのことを知らない。あくまで世界を恐怖のドン底に陥れた魔神でしかない。



「いや。気づかれてるはずがない」



神の遺物アーティファクト》はただ強力なマジック・アイテムというに過ぎない。実はそこに呪痕が刻まれており、八角封魔術のカギになっていることは、ケネスしか知らないことのはずだ。この《可視化》があるから、視えることなのだ。



 だから。



「仮に、《神の遺物アーティファクト》を破壊して回っていることを、悟られても、ヴィルザとの関係を疑われるようなことはない」



 断定できる。



「気づかれてなければ良いがな」
 と、ヴィルザは深刻な口調でつぶやいた。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く