《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第5-10話「アンデッドの出自」

 その日の夜。
 ケネスは自室の机に座っていた。左手の人さし指で魔法陣を発して、《ライト》の魔法で明かりを保つ。右手には羽根ペンが握られている。薬草学の講義のレポートを書き終えたところだ。インクが右手の側面に付着して、黒く染まっていた。



「ふーっ。薬草学のレポートは終えたし、あとはあれか……」



「あれ?」
 と、ヴィルザが机上に腰かけて、尋ねてくる。



「神々を憎む支配者の城から、定められし勝者の証を光の世界へ届けたまえ――ってヤツ」



「もうぶっつけ本番で、どうにかなるのではないか?」



「なるかもしれんが、2年の魔術実践学は、けっこう単位落としてるって話だし、このヒントを解いておくに越したことはないだろう」



「マジメじゃなぁ」



「そう言えば、ヴィルザは城を持ってるって言ってたな。あの話、途中までしか聞いてなかったんだけど」



「おう。もう古い話じゃがな。いわゆる魔王城とでも言うべきかな。私の居城があった。世界征服をもくろんだ、本拠地じゃ」



 思い出しているのか、ヴィルザは夢見るような目で言った。
 どうせロクな夢ではない。



「今もあるのか?」



「この近くにあると思うぞ。しかし、近寄らんほうが良いとは思うがな」



「モンスターでも出るのか?」



「アンデッドがな」
 と、ヴィルザはニンマリと笑ってそう言う。



「スケルトンとか、グールとか、幽霊ゴーストとかか?」



 あとデスナイトと言われる強力なアンデッドの騎士や、ドラゴンゾンビと言われる骨のドラゴンなどもいる。



 アンデッドは、普通のモンスターとは出自が違う。いったいどういう変異をとげたのか、いまだ学者たちが研究中だ。憎悪を抱え持ったまま死んだ人間が、アンデッドになったとか。モンスターと人間の混血だとか――諸説ある。



「もう何度も言ってるから、知っておると思うが、ベルジュラックには暗黒時代があった。モンスターたちが人間を奴隷として使役して、ときには食糧として食っておった。私もすこし、人間で遊んだ記憶がある」
 と、ヴィルザは妖しく笑う。



 薄紅色の唇を舌舐めずりしていた。
 いったいどういう遊戯に耽っていたのかまでは、尋ねる勇気がなかった。



「で?」



「人間たちに、魔法をかけていろいろと遊んでおったら、アンデッドになった」



「え? じゃあ、この世にはびこってるアンデッドって、ヴィルザが作ったのか?」



「まぁ、そうなる……かな。もともとはな。放っておいても自然と増殖してるようじゃが」
 首をかしげながらそう言った。



「ヴィルザの城には、そのアンデッドどもが巣食ってるわけか。まさか、期末テストでそんな場所に行かされるわけじゃないだろうな……」



 たかが期末テストで、命の危険があるような試練を課せられるとは思えない。しかし前年度は、ドワーフの鉱山に行ったと聞いているし、その前はエルフの森に入ったそうだ。あるていどの危険は覚悟しておくべきなのかもしれない。



「私は、そんなことより、あの仮面の者が気になるがな」



「ああ。オレもそれは気になってた。イタズラか何かかな?」



 ケネスとサマルが一騎打ちをしているさいに、覗きこんでいた人物だ。誰も見ていなかったが、ケネスとヴィルザだけは目撃している。



「スパイかのぉ」



「わからん。素性がわからない以上は、探ることも出来ないしな」



「気を付けておけよ。あの仮面の者からは、静かな殺気が感じられた。あの場にいた誰かを殺そうとしていたのかもしれん」



「マジで?」



「私を誰だと思うておるか。殺気には敏感なのだ」
 それは説得力がある。
 争いごとには敏感な娘だ。



「スパイってのは情報収集とかが任務だろ。さすがに殺しになってくると、スパイとは言えないんじゃないか?」



 そろそろ寝る準備をしようと思って、机の上を片付けることにした。片付けながら、ヴィルザとの会話を続ける。



「でも、間違いない。あれは殺気じゃった。純粋な殺気ではなかったがな。なにか……違和感があったが」
 と、ヴィルザは曖昧な言い方をした。



「あの場にいた誰かを殺そうとしていた――ってことは、たぶんオレだろうな」



「可能性としては考えられるが、ゼッタイというわけでもない。何か事情を抱えた者がおるかもしれんしな」



「ッたく、期末テストが控えている、この重要な時期に、厄介なヤツを見つけちまったもんだ」



 教科書、羽根ペン、インク瓶。
 それから、書き上げた薬草学のレポートのインクが乾いているのを確認して、カバンのなかに詰め込んだ。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く