《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第4-18話「暴動 Ⅱ」

「我らには、《帝国の劫火》がついてるぞッ。怖れるものなど、何もない! 荒らして、荒らしまくれッ」



 ミファが金で雇った男たちが、ココルの都市で暴れまわっている。ケネスで仮面で顔を隠して、その様子を見ていた。その仮面というのは、もちろん、ミファから渡されて以前にもつけたものだ。白くてノッペリしたものだ。



「大人気じゃない。《帝国の劫火》さん」
 と、ミファがカラカうように言う。



「なんか、ウワサだけが広がってる感もあるけどな」



《帝国の劫火》。故郷を焼かれて、たった1人でソルト率いる王国軍を殲滅させた男。その所業たるやまさに魔神のごとく荒々しく、王国軍を血祭りにあげた。



 そして、王国治安維持騎士部隊は木端微塵に粉砕されて、ココルの都内に魔力覚醒剤を売りさばいた悪の親玉。公爵令嬢であるミファを薬漬けにした大悪党……などと言われている。



 どれも微妙に違うのだ。そもそも、魔力覚醒剤を売っていたのはミファ自身だし、ミファがジャンキーだったのは、もとからだ。薬漬けどころか、ケネスは止めに入った側でもある。



「なんか、トンデモナイ悪人に仕立て上げられてないか。オレ?」



「いいじゃない。箔がついて」
「他人事だと思ってるだろ」



「だって私は《帝国の劫火》さんに、薬漬けにされたカワイソウな公爵令嬢なんだし」



「いったい、どういうウワサの広がり方をしたんだか……」



 ミファの雇った傭兵団たちが、都内で暴れまわっている。都民は逃げ惑い、逃げ遅れた者たちは虐殺されていた。以前までは、人を殺したり、殺されたりといったことにたいして、ケネスは怯懦だった。



 ベルモンド・ゴーランを殺したときもそうだし、ゲヘナ・デリュリアスを殺したときもそうだ。人が死ぬというのは、あまり気持ちの良いものではない。しかし、今は、動揺せずにいることができた。



 故郷での刺激が強すぎたというのもあるが、ケリュアル王国民は、帝国の敵だと認識していたからだ。



(こいつらは、オレの故郷を滅ぼした連中と同じだ)



 そう思うことで、平静を保つどころか、胸がすくような感情さえよぎった。



 もしかすると――。
 こうやって人が死ぬことを、なんとも思わなくなって、その延長線上にはヴィルザのような、無邪気に人を殺してしまう精神が待ち構えているのかもしれない。



「そろそろ良いんじゃない?」
「そうだな」



 城や領主館からも多くの騎士が動員されていた。バートリーを救い出すなら、手薄になっている今だろう。



「バートリーさんを救い出す。ソルトを殺して、一緒に帝国に行く。それで良いんだな?」



「ええ。構わないわ」
「両親を、王国に残したままになるが」



「……いいのよ。父はエリート志向で私のことなんて考えてないし、母は男のことしか考えてないんだから」



 父親にたいしてなのか、母親にたいしてなのかは、わからない。でも、ミファの中には、まだ何か家族にたいする思い入れがあるように見えた。



 ミファは薬を売り裁いて、この都市を乗っ取るつもりだった。そして、王国軍に捕らえられて、処刑されるのが、本来の予定だったと聞いている。



(それって、やっぱり……)



 悪の道に走っているというよりも、両親から心配されたいだけなんじゃないかとも思う。勝手なケネスの思い込みかもしれないが。



「わかった。行こう」
 ケネスは領主館に足をすすめた。 

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く