《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第4-16話「囚われのバートリー Ⅱ」

 バートリーは、ひたすら責め苦に耐えていた。はがされた爪は2枚。焼けた鉄をはかされたのが1度。あとはおもに棒打ちだった。いっそのこと拷問に耐えかねて、この肉体が朽ちてしまえば良いと思うのだが、拷問官もそう甘くはない。決して殺さぬように、医術の知識があるものが付く――というのが普通だ。何度かの拷問がくりかえされて、失神しては、牢屋に連れ戻されるといった繰り返しだった。



 コツ……コツ……コツ……。




 地下牢の石畳を叩く足音が響く。この足音が、バートリーの心臓が凍りつかせる。食事の時間以外では、おそらく拷問だろうと思われるからだ。帝国のことよりも、最近は執拗にケネス・カートルドの情報を引き出そうとしてくる。ケネスにソルトの軍が追い返されたからかもしれない。



(屈するものか)
 と、歯ぎしりする。



 ケネスのことを尋ねられれば、バートリーの堅牢な意地は、決して崩れぬ牙城と化す。ゲヘナ・デリュリアスが帝国を襲撃したさい、バートリーは殺されかけた。そのときに、ケネスに助けられたことがある。バートリーはそれを鮮明におぼえている。ケネスの情報を売るというのは、恩を仇で返すようなもの。



 決して口は割るまい。



 しかし気になるのは、自身のことよりも、フィント・フーリンのことだった。彼女もまたこの牢獄のどこかで、責め苦に耐えているはずなのだ。



(大丈夫。いずれは……)



 時間はかかるかもしれないが、バートリーとフーリンが捕虜となったことは、ガルシアにはわかっているはずだ。《通話》が届かなくなったのが、その証。救助部隊がいずれは来ると信じている。今はその助けを待ち焦がれるしかなかった。



「出せ」



 顔を黒いフードで隠した拷問官たちが、バートリーの前で止まった。檻が開けられる。バートリーの手枷が外された。その手枷を引っ張られて、バートリーは連行された。拷問執行室へと連行されるのだとわかった。抵抗してもムダだとわかっているので、大人しく付いて行くことにした。脚も焼けただれており、逃げ出す脚力も残されてはいなかった。



 裸足の足に、石畳の感触がつたわってくる。
 ヤケドのあとが治ってはおらず、足の裏がヒリつく。



 いつも連れて行かれる拷問執行室とは、道順が違った。怪訝に思いながらも、付いて行くと地上に出された。



 久しぶりの地上だ。
 太陽の光がまぶしくって、目が焼けるかと思った。暗闇になれすぎたのだ。しばらく目をつむっておくことにした。



 閉ざされた視界のなかにて、連れて行かれたのは、屋敷の中だった。屋敷の中に入ると、まだ目を開けることができた。



 ベッドがある。
 そこに四肢を拘束された。



(屋敷の中で拷問されるのだろうか?)



 なぜ、屋敷のなかに連れて来られたのか、わからなかった。



「よォ。血の嬢ちゃん」
 と、ソルトが上機嫌な声音で現われた。相変わらず髪はぼさぼさで、無精髭の剃り残しが目立つ。清潔感がないのだが、カラダ全体から男の色気が発散しているような男だ。バートリーは目を細めた。



「……」



「どうして屋敷の中に連れて来られたか――って顔をしてるな」



「……」
 黙って睨む。
 バートリーにできるのは、それぐらいだ。



「もう情報を引き出すのは終わりだ。嬢ちゃんはダンマリだからな。だから、オレの性欲処理として使わせてもらうことにした。なぁに、最初は痛いかもしれないが、すぐに気持ち良くなる。拷問よりかはずっと楽なもんだ」



「……ッ」



 ソルトはブレズボンに手をかけていた。なんて下品な男なのだろうかと軽蔑の心を持ってはしても、四肢をベッドに縛り付けられているバートリーは、もはや標本にとらわれた昆虫も同じ。



 あとは、ソルトのもので貫かれるのを、待つのみ。



(無念)



 バートリーとて女。あまり気にはかけて来なかったが、乙女の恋心というものが、ないわけでもない。その恋心を儚く燃やしていたのは、ケネスの存在であったのだが、その恋慕も今日で終わりか――とバートリーは観念した。



 舌を噛み切るか。



 この肉体が穢されたとしても、生き残る道を選ぶか……。バートリーの胸裏は灰色の絶望にけぶっていた。その灰色の景色のなかでは、なぜかケネス・カートルドの姿が思い浮かばれるのであった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く