《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第4-11話「公爵の食事」

 仮面を外したミファは、雑踏のなかにまぎれこみ、悪い商売になんか知りませんわ、といった顔で、飲食店のひとつに入って行った。



 ミファが店に入ると、にぎやかだった店内がいっきに静まり返った。「出来そこないの姫さま」とか「魔法を使えぬ魔術師」といったセリフがひそひそと、けれど悪意をもって聞こえてきた。



 ミファは店員と交渉して、店を貸し切り状態にした。客は、店の中から追い出されていたのだが、すれ違いざまに、厭味を吐いたり、舌打ちをする客も少なくなかった。楽しく食事しているところ、イキナリ叩きだされたら、そんな態度もつきたくなるだろうが、もっと根の深いものを感じた。



「店を貸し切りにしたわ。これで2人で使えるでしょ」



 木造の長机が、いくつも並べられた店だった。テーブルの中央には観葉植物が置かれており、天井には光を発する呪術がほどこされていた。机上には、さっきまでいた客たちの残飯が、散らかっていた。



「強引だな。あの客たち、食事中だったんだろ」



「いいのよ。私は公爵なんだし、ちゃんとお金は払ってるんだから」



「そういうもんでもないと思うが」



「なによ。文句があるなら、出て行ってもくれても良いのよ」



 恨みがましい目でにらんでくる。
 そう言ってるくせに、ホントウに出て行ったら、泣きだしてしまいそうな目をしていた。



「いいよ。セッカク独占できるんだし」



「好きなものを、好きなだけ注文しなさい。金貨1000枚分の小切手を渡してあるから」



「き、金貨、1000枚……」



 途方もない金額だ。
 オレにはそんな金、一生手にすることはないだろうとケネスは思った。



「気にすることないわ。はした金よ」
「金銭感覚がどうかしてるぜ」
「公爵令嬢だもの」



 ケネスはハンバーガーを頼んだ。ミファはレタスやチーズとワインを頼んでいた。



「ワインなんか飲んで良いのかよ」
「いいのよ」



 帝国法では、お酒は20歳からと決まっている。たしか王国法でもそうだったはずだがな……と思ったのだが、愚問だと気づいた。酒よりヤバいものを取り扱っているのだから、酒なんか気にしてなさそうだ。



「商売がうまくいったお祝いに、それから私とケネスのゴールデンペアに乾杯」



「オレは飲めないよ」
「意外と子供くさいのね」



「いったいいくつに見えてるのか知らないが、オレはまだ17歳だ」



「へー。見えない。てっきり20は過ぎてるのかと思った。じゃあ、私と同い歳じゃない」



「老けてるって言いたいのか?」



「違うわよ。大人っぽいって言いたいの。あと10年もすれば、すっごく良い男になってそうね」



 ワインで口を湿らせたミファが、艶っぽい声でそう言った。唇が赤く染まっている。深くにもドキッとしてしまった。



「10年後には、どうなってるかわからんな」



 そのころには27歳。
 帝国と王国のこんな状況下では、いつ死んでもオカシクはない。



「ケネスは、ソルトを殺して、バートリーって娘を助ければ帝国に帰っちゃうの?」



「ああ」
 ここは、敵国だ。
 手配書まで回されて、あまつさえ《帝国の劫火》なんて二つ名まで用意されていては、長居はできない。



「じゃあ、いつかお別れしなくちゃいけないのね」



「そう遠くないうちにな」



 寂寞とした雰囲気がおとずれた。ミファが下唇を軽く噛みしめて、寂しそうな表情をしていた。



 妙に湿っぽい雰囲気になったので、ケネスは咳払いをして話を変えた。



「この店を乗っ取るときに……」
 貸し切ったのよ、と訂正してくる。


 
「まぁ、どっちでも良いが、貸し切ったときに、客たちから悪口が聞こえたんだが、ミファは嫌われてるのか?」



「そうね。私、よくこうやって客を追い出したりするから」



「それは嫌われるな」
「あと、バカにされてるのね」
「なぜ?」



 ミファはワイングラスをつまみあげて、クルクルと中の液体を回していた。紫色の毒々しい液体が踊っている。ケネスもハンバーガーにかぶりついた。



「私、もともと王国の魔法学校に通ってたんだけど。成績があんまりにも芳しくないから、恥さらしになるって理由で、退学させられたの」



「誰に?」



「父よ。父は私を優れた魔術師に仕立て上げようとしたみたいなんだけど、私にはチッともその才能がなかったのね。あんまりにも才能がないものだから、バカにされることになったわけ」



 別に気にしてないけどね――とミファは何でもないことのように言ったが、それはウソだろう。



 気にしてないなら、薬なんかに手を出すとは思えない。



 弱い自分から抜け出したい気持ちは、ケネスにはよくわかる。ハンバーガーにもう一度かぶりついた。



 ケネスをここまで育ててくれた魔神は、今どこで何をしてるのだろうか。ふと、ヴィルザのことを思い、いや、あいつのことは忘れようと、その懐かしむ気持ちを打ち消したのだった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く