《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第3-19話「シュネイ戦線 Ⅴ」

「御無事ですか?」



 本陣に逃げ帰り、フーがそうそう尋ねてきた。バートリーはたいしたケガをしていなかったので、フーのその言葉が皮肉にも聞こえた。が、他意のない言葉であることは、ちゃんとわかっていた。



「私は無事です。ただ……」



 率いていた《凍結隊》に大きな被害があった。2000人引き連れて行き、300人を失った。あの荒れ狂うドラゴンからは、逃げてくるだけでセイイッパイだった。他にもケガ人が多くいる。連れてきた癒術師たちに、ケガ人は回復してもらっている。



「敵の罠にはまって、300しか損害を出さなかったと考えれば、良かったと言えるかもしれませんわ」



 罠――だった。
 しかし、納得がいかない。



 あれはもはや戦略などではない。戦術とさえ言えない。ただの純粋なチカラだ。何者さえも寄せ付けない、圧倒的なドラゴンのチカラ。戦神カヌスの再来と言われるのもうなずける。



「ソルト・ドラグニルには、たった1人で戦況を動かせるほどのチカラがあります。あれを止めるのは難しいかもしれません」



 出鼻をくじかれた。
 バートリーが率いて言った《凍結隊》が逃げ帰ってきたのも、部隊全体の士気を大きく下げることになった。



「たしかに圧倒的なチカラでした。ですが、無敵ではありませんわ。だからこそ、わざわざ遊撃隊にまぎれるようなことをしていたのでしょうし」



「そう――ですね」
 弱気になってはいけない。



 ここが、帝国と王国との開戦の火ぶたとなる。この戦いが、後の戦の士気に大きく関わってくるはずだ。



 なにより。
 ここで負けたら、ケネスの故郷が敵の手に穢されることになる。ケネスのためにも、帝国のためにも、シュネイの村をやるわけにはいかないのだ。



『こっちは全軍5000で、しかも2000が寄せ集めの歩兵だから。マトモに衝突すりゃ負ける。だけど、2000人ぐらいなら、オレひとりでどうにかなっちまうんだよな。これが』
 ソルト・ドラグニルのセリフだ。



 何度もハンスウして考える。
 今の状況を冷静に分析してみる。



 騎馬隊500だけが、森に入っていると聞いて、バートリーは2000を連れ出すことになった。500なら、わざわざ全軍を連れ出すこともないだと判断した。全軍1万を動かすのは手間もかかる。バートリーの判断は間違えていなかったはずだ。



 それを先読みしていたソルトが待ち構えていた。そして返り討ちにあったのだ。



「2000ないし3000ほどの部隊なら1人でどうにかなる。だから、わざわざ少数の500で先行して、攻撃を誘ってきた?」



「そうですわね」
 と、フーがうなずく。



「マトモに衝突すりゃ負ける――とは、どういうことでしょうか?」
 ソルトは、よくしゃべる口でそう言っていた。



「こちらは全軍1万。向こうは5000。しかも2000は雑兵ですから、実質死に兵のようなもの。マトモな戦力は3000。数の上では、たしかにこちらのほうが有利ですわね」



「ええ」



 だが――。
 ドラゴンに変身する、ソルトの能力はこの目で見て、肌で感じてきた。あれほどの能力なら、相手が1万だろうが、10万だろうがなぎ払えるような気がする。



 それは、出来ないということなのだろう。



「あの能力。強すぎるがゆえに、何かリスクがあるのではありませんの?」



「かもしれません」



 数で圧せば、勝機はあるかもしれない。
 ガルシアに援軍の要請を頼んでみよう。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く