《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第3-13話「思い出の中の小さな勇者」

 ロールは、また新しい煙草を取り出すと、ケムリを深く吸いこんだ。龍の葉のほろ苦い味が口の中に広がる。吸い過ぎると依存してしまうと言われている。


 もう依存してしまってるかもしれない。これは、失恋の味なのだ。ある田舎村で、凡庸な男の子に恋をした。でも、あるときフラッと村から消えてしまった。そして戻ってきたときには、別の――違う女の臭いがしていた。



 ロールはケネスのほうをイチベツした。ケネスは黙々とゴブリンの死骸から、耳を削ぎ落しているところだった。



「すー」
 ケムリを深く吸う。
 シガーキスを交わした煙草だ。ケネスの味がする。



「ケネス。お前、悪い女にダマされんなよ」



「なんだよ、それ」
 ケネスは怪訝そうな顔を向けてきた。



「幼馴染からの忠告だよ」



 自分が好きになった男だ。幸せになって欲しいと思う。変な女に遊ばれたりしたら、ヤッパリ悲しいし悔しい。でも、ケネスから感じる女の臭いは、厭な女の臭いだった。ドス黒くて、血なまぐさい。トビッキリの悪女に取り憑かれてる気がする。気のせいで、あってほしい。



(なんで私は、コイツに惚れてんだろうなぁ)
 と、あらためてケネスを見る。



 記憶にあるケネスよりいくらか背丈は伸びている。けれど、別に目立ったところのない、平凡な青年だと思う。顔の良さなら、まだロビンのほうが上だ。



(やっぱり、あれかな?)



 その昔、ケネスとロビンとロールの3人で遊んでいたとき、川辺で遊んでいたことがあった。ロールは足をつって、溺れかけた。そんなとき、いつもヘッピリ腰のケネスが真っ先に跳びこんで、ロールを助けようとしたことがあった。



 もっともその話には、ロールは自力でなんとかなって、結局、ケネスが助けられる側に回ったというオチがあるのだけれど。



 不器用なくせに、良いヤツなのだ。
 ロールにとっては、ケネスは小っちゃい勇者なのだった。



「おい、やべっぞッ!」



 ロビンがあわただしく戻ってきた。あまりのあわてように、床に転がっていたゴブリンの死骸にけつまずいていた。



「どうかしたのかよ?」
 煙草を口から話した。



 人差し指と薬指が熱くなってきた。もうこれ以上は、吸っていられない。でも、接吻を交わした煙草だ。捨てるのはモッタイナイ。火を消して、ポケットにねじこんだ。



 シガーキスの煙草。
 私の、宝物。
 やさしくポケットにしまいこんだ。



「ジャイアント・ゴブリンが潜んでやがった。早く逃げなきゃ退路が……」



 ドスンッ……ドスンッ……ダンジョンが揺れていた。振動に合わせて砂粒が天井から降ってきた。



 ロールたちのいる大広間は、ダンジョンの最奥になっていて、行きどまりになっている。引き返すには一本の細い通路しかない。



 その通路から大きな影が現れた。緑の巨体だった。足は短い。腹に肉が乗って段になっている。その腹の皮膚はケロイドのように爛れていた。天井にまで届きそうな図体をしており、剥きだされた目玉でロールたちを見下ろしていた。ゴブリンをそのまま大きくしたようなヤツだ。



「ひぇ」
 と、ロビンは小さな悲鳴をあげていた。たしかに、迫力のある風体をしている。



「どうするよ」



「どうするって、逃げるしかねェだろ。ジャイアント・ゴブリンってーと、Bランク相当のモンスターだぜ」



「でも、逃げ道を防がれてる」
 そう言って、ロールは正面を指差す。


 ゴブリンたちの死骸の海の向こうにある、ゆいいつの出口は、緑の巨体によって封じられている。ジャイアント・ゴブリンは仲間たちの死に動揺したのか、呆然とその場にたたずんでいた。



「どうにかこっちにおびき出して、逃げ道を作ろうぜ」



 ロビンはそう言って立ち上がり、剣先をジャイアント・ゴブリンに向けた。ジャイアント・ゴブリンの反応は速かった。疾駆してくる。思いのほか俊敏だ。床に散らばってるゴブリンの死骸が蹴散らされてゆく。コブシ。飛んでくる。



「ぐへっ」
 と、ロビンが、マトモにくらっていた。



 ロビンは壁に叩きつけられて、剣を床に落としていた。カランコロン。剣が石畳の床を転がる。



 気絶したようだ。



「ヤベーな。おい」



 ロールの得物はダガーだが、その程度の刃渡りでは、ジャイアント・ゴブリンの厚い脂肪を貫くのは難しそうだ。それ以前に、恐怖で近づくことが出来なかった。足が笑ってやがる。



「オレが魔法で足止めする。そのあいだにロールは、ロビンを連れてダンジョンを出るんだ」



「カッコウつけてんじゃねェぞ。ケネス! あれを1人で相手するってのかよ」



 いくらケネスが魔術師として成長したからといっても、さすがにBランク相当のモンスターを相手にするのは厳しいものがある。



「火系基礎魔法《火球ファイヤー・ボール》」



 ケネスの手のひらから、仄青い魔法陣が展開される。その中央から、火の球が射出された。火の球は、ジャイアント・ゴブリンの分厚い腹に直撃していた。



「ぐおぉっ」
 と、うめいていたから、効いてはいるようだ。



「早く。今のうちに!」
「けど……!」
「オレなら大丈夫だから」



「冒険者ギルドに行って、すぐに応援を呼んでくるからな。それまで待ってろよ。死ぬんじゃねェぜ」



 ケネスの気迫に急かされて、ロールはロビンをかついで、その広間から脱出した。振り返る。ジャイアント・ゴブリンがケネスに猛進しているところが見えた。



 不思議と昔のことを思い出した。



 ロールが川で溺れかけていたとき、ケネスが助けに跳びこんできてくれた。でも、結局、ケネスは泳げなくて、助けられる側に回っていた記憶。



「死ぬなよ」
 と、ロールにとっての小さな勇者の身を案じた。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く