《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第3-5話「ヴィルザの揶揄」

 丘のふもとに教会が見えてきた。緑の草地の上に、教会が白く輝いていた。まぶしくて直視することができなかった。この村にあるのも、マディシャンを崇めるマホ教の教会だ。ケネスが通っているハーディアル魔術学院と系列は同じだ。実際、マホ教は世界各国に強い影響力を持っている。魔法、という実在する奇跡があるのだから、それが信仰心を集めるチカラになっているのだ。



 教会のトビラを叩くと、修道女が出てきた。冒険者ギルドのプレートを見せると、話が通じた。表の農園が、よくモンスターに荒らされる。見張っていて欲しい。あわよくば、モンスターがどこから来るのか突き止めて、ダンジョンを制圧して欲しい――とクエスト内容と同じことを言った。



 ケネスたちは教会の中には入らずに、表の農園でサッソク見張りにつくことにした。草地に大の字になって寝転んだ。日差しが、ケネスのカラダを温めた。草地にも日光の温もりが漂っていて、ムワッとした青くさい臭いが鼻をついた。



「あの2人。楽しそうじゃな」



 ヴィルザも隣に寝転んでいる。緑の地面に、紅色の髪が扇状に広がっている。色鮮やかな魅力があった。そのヴィルザの視線は、教会の白い壁にもたれかかっているロールとロビンに向けられていた。



「3人。この村では同じ世代なんだ。オレとロビンとロールと」



「ケネスだけ、帝都に行ったんじゃろう?」
「腐りたくなくってさ。こんなところで」



「おかげで私のことを見つけてくれたんじゃ、私とケネスは出会う運命であったということだな」



「……かもしれないな」



 ヴィルザとの出会いは、ケネスの人生を一変させた。平和な地獄から抜け出したいと思ってケネスにとっては、良い出会いだった。大変なこともあるけれど、ヴィルザといる毎日は刺激的だ。



「しかし、ずいぶんと荒っぽい小娘じゃな。ロールだったか?」



「昔は、あんな感じじゃなかったんだけど……」



 清楚な娘だった。
 ケネスはひそかな恋心を抱いていたし、ロビンも同じだっただろうと思う。ロールの奪い合いだった。青春よりもっと青い過去が、胸裏によみがえってきた。



「あの娘より、私のほうが魅力的ではないか? どうだ?」



 ヴィルザは上体を起こして、ケネスにしなだれかかってきた。甘い蜜の香りがフワッと漂ってくる。この可憐な魔神は、女性の香すらもあやつっているんじゃないかと、ときおり疑わしくなる。



「どっちが、どうとかないよ」



「ケネスはオクテじゃからなぁ。恥ずかしがらずに、私に告白してくれれば、乳ぐらいモませてやっても良いが」



「また、そうやってカラカう」



 最初のころは、ヴィルザのその大胆な揶揄に、恥ずかしがったり照れたりしていたが、今ではスッカリ慣れていた。



「むぅ。面白くないのぉ。1年前まで、顔を真っ赤にして期待に満ちた表情をしておったのに」



「そりゃ、オレだっていつまでも子供じゃないからな」



 今は17。
 卒業するころには19だ。



「ほれ」



 ヴィルザはケネスの手を取ると、みずからの胸元に押し当てた。ケネスの手のひらで、やわらかい肉がフニッと潰れる感触があった。



「うわわわわわッ」
「慌てておる。慌てておる。ヤッパリまだまだ子供じゃ」
「やめろよ!」



 あわてて手を引っ込めたが、手のひらには、女の感触が残っていた。



「くひひひっ」
 と、ヴィルザはイタズラっぽく笑っていた。



 その悪ふざけは愛おしいと同時に、物悲しくもある。ケネスの興味が他にそれないように、ずっと自分にたいして反応してくれるように、構ってもらおうと必死になって見えるときがある。



 どれだけ強い魔神でも、孤独には勝てないのだ。ヴィルザのまわりには、常に孤独の気配がまとわりついている。どれだけ揶揄してきても、明るく振る舞っていても、ケネスにすがりつくように生きている。



「ヴィルザの封印について――だけどさ」
「なんだ?」



「8つの封印のうち、マディシャンの杖を潰したから、あと7つだろ。そうなったら、封印を解いて出てくるんだろ」



「うむ」



 そんなに寂しいなら、封印を解いてあげたいと思う。
 でも――。



「世界征服しないって約束してくれるなら、もっと積極的に封印を解いてやってもいいけど?」



「それは厭じゃ」
 と、こうなる。



 何がなんでも世界征服をしたいらしいのだ。人間どもを千切っては投げて、世界を再び暗黒の時代に突き落としたいとかホザきはじめる。ウソでも、世界征服をしないと約束してくれれば、もっと封印解除に協力してあげるのに……。



 あと7つ。



 万が一、ヴィルザの封印が解けたら、そのときはもうオレは用済みになっちゃうのかなぁ――とケネスはときおりそんなことを考える。



「おーい。ケネス。こっちに来いよ。作戦会議だ」
 と、ロビンの呼ぶ声がした。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く