《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-31話「仲直り」

 翌朝。
 起きると隣のベッドは空っぽになっていて、すこし寂しかった。



 学校へ登校する前、身支度を整ていたら、ヨナの荷物から一通の手紙が出てきた。



「ケネスへ。この手紙を読んでいるということは、ボクはもうこの学校にいないと思う。もしかすると次は、戦場で会うことになるかもしれない。ここ数日、君と過ごせて楽しかった。ヨナより」



 という、非常に短い手紙だった。


 
「ラブレターじゃな」
 と、手紙を覗きこんでいたヴィルザが言った。



「そんなんじゃないだろ」



 でも、うれしくって、手紙は大事に机のなかにしまっておいた。ヨナが王国のスパイだとわかってもなお、無事に逃げ出してくれたことが、嬉しかった。



「しかし、まさか女のくせに、男子寮にいたとはなぁ」



「それはたしかにビックリだけど」



 今でも、女だという実感はなく。
 友人、という意識のほうが強い。



「次会うときは、戦場。王国軍はやはり戦の準備をしているということだな」



「やだなぁ。戦場で会うのは」



 3年後。もしも、ガルシアにケネス本来の実力が認められることになれば、ケネスも帝国魔術師部隊として入隊することになるはずだ。そうなれば、たしかに戦場で相対する可能性もなくはない。



「遅刻するぞ」
 ヴィルザに言われて、想念を断ち切った。



「うん」



 他の生徒たちに紛れて登校する。みんな黒い外套に黒のトンガリ帽子を身に着けている。黒い海のようだ。1限目は魔術実践学だったので、教室に荷物を置いて、そのまま校庭に出ることになった。



 緑の芝に覆われた舞台にて、《発火ファイヤー》の魔法テストが行われることになった。



(そう言えば、テストをすると言ってたっけ)



 ケネスは合格だった。もう一人、合格したのがロレンスだった。合格者は先に教室に戻って良いと言われた。生徒たちの賞賛を浴びながら、ロレンスとケネスは2人で教室に戻った。



「悪かったな。いろいろと」 
 教室に戻る道中――石造りの廊下で、ロレンスがそう切り出してきた。



「え?」
「いや。いろいろとイガみ合ってただろ」
「うん」



 ロレンスのほうから親しげに話しかけてくるとは思わず、ケネスはたじろいでいた。どう返答すれば良いのかわからなかった。



「オレにはたしかにおごりがあった。自分の姉がイチバン強いと思ってたし、それしか見えていなかった。でも違ってた」



「何かあったのか?」



「ほら、先日の騒ぎ。マディシャンの杖が奪われそうになったの知ってるだろ?」



「いちおう、話だけは」



 ケネスはあの場にはいなかったことになっている。あの事の顛末については、ロレンスがすべてを見ていて、それを先生たちに伝えてくれたようだった。



「怖ろしく強い漆黒の騎士を見たんだ。あれはオレの姉さんなんかよりも、もっと――いや、人間とは思えないレベルの強さだった。あの圧倒的な強さを見て、なんか目が覚めたって言うか。むしろ、清々しい気持ちになってさ。この世の中には、姉さん意外にももっと強い存在がいるんだ――って。それで、ケネスには謝っておこうと思って」



 もしかして、その騎士の正体がオレだってバレてるんじゃないだろうか――とケネスは心配したのだが、どうやら、そういうわけでもなさそうだった。



「こっちも、まあ、色々とゴメン」
 と、ケネスもいちおう謝っておいた。



 ロレンスとはイガみ合っていたが、個人的に何かされたわけでもない。屋上で決闘をしたが、あのときはケネスが勝ったような形になった。



「《発火ファイヤー》のテスト合格者は、オレとお前だけだ。優秀な物同士、仲良くやろうぜ。まぁ、オレのほうが少しは優秀だけどな」



「オレは、優秀なんかじゃないよ」
 と、ケネスはつぶやいた。
 が、その声はロレンスには聞こえなかったようだ。



「で――さ、ちょっと頼みがあるんだけど」
 と、首に腕をからませてきた。



「な、なんだよ」



「マディシャンの杖の封印の部屋を見つけ出したのは、お前だろ」



「うん」



「この学院のどこかに、漆黒の騎士がいるはずなんだ。怖ろしく強いバケモノみたいなヤツが。それを探し出してくれねェかな。お前にしか見つけ出せない気がするんだ」



 それが本音なのだろう。
 だから、仲直りを仕掛けてきたわけだ。



 ロレンス・スプラウド。またひとり、ヴィルザの魅力にとりつかれた人間が増えた。姉弟そろって、その青い瞳を輝かせて、魔神のチカラを探し求めている。やっぱり、血は、争えない。



「こやつ、怖ろしく鋭い男じゃな」
 と、ヴィルザは変なものでも見るような目で、ロレンスのことを見ていた。



 たしかに、鋭い。



 ヨナがスパイだと知ったわけでもないのに、何か異質なものを感じ取っていたようだったし、今度はケネスに魔神の気配を嗅ぎ取ったようだ。そういう勘の働かせかたは、優秀な姉の血を引いているのかもしれない。



「見つけてどうするんだよ」



「もちろん弟子入りする。魔法を教えてもらうんだ。そしたらきっと、姉さんに追いつくことが出来る」



「まぁ、探してはみるけど」
 と、適当に返事しておいた。



「この学院には、潜んでやがるんだ。神に匹敵する魔術師のバケモノがよ」



 ロレンスは、浮かれたような声音で歌うようにつぶやいていた。



 いくら勘が働いても、さすがにすぐ隣にその神の亡霊がいるとは思わないだろう。赤い髪をした亡霊は、機嫌良く鼻歌をくちずさんでいた。



 オレも――。



 オレもこの魔神から、魔法を教えてもらう。そしてこの場所で、いつかその亡霊と対等に立てる場所へ立つのだ。



 決意を秘めて、歩みを進めるのだった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く