《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-30話「残り7つ」

 やりすぎだ。
 そう思って魔法陣を消したときには、もう遅かった。すべてがマグマに呑み込まれていた。



 魔法陣を消したせいで、発生させていたマグマが消えていた。薄暗い石造りの廊下だったはずの場所には、大穴が開いていた。マグマが溶かしてしまったのだ。



「ヨナは……ロレンスも……」
「案ずるな。2人とも無事だ」



「でも、マグマに呑み込まれたじゃないか」



「私もそうバカではない。ケネスがダメだと言ったことは、ちゃんと守る。人は殺さんようにしたつもりだ」


 たしかにロレンスは無事だった。ただ、またしても気絶しているようだ。ただ、ヨナの姿はどこにもなかった。



「マグマで溶けちゃったんじゃないだろうな?」



「逃げられた」
「逃げたって、あの状況からどうやって?」



 マディシャンの杖がある部屋は、行きどまりになっていた。マディシャンの石像と、杖があるだけの部屋だった。その石像も――いや、むしろ部屋ごと溶けて消えてしまっている。石が泥のようになって、ツララのように垂れていた。



「転移石だな。ケリュアル王国のスパイと言っておったから、あらかじめ逃げる準備はしていたんだろう。杖を、持って逃げられなくて良かった」



 転移石。
 ケネスがこの学院に来るときに使ったものと、同じようなものを持っていたのだろう。



「杖は?」
「シッカリと焼ききった」
「……そっか」



 セッカクの《神の遺物アーティファクト》だ。モッタイなかったような気がしないでもない。でも、人が扱うと大変なことになると言っていたし、消し去ってしまったほうが良かったのかもしれない。戦争に利用されるよりかは、良かったのだろう。



「それで、ヴィルザの封印はどうなったんだ?」



「ふふふふっ」
 と、ヴィルザはケネスの正面に立つと、肩を揺らせて笑っていた。



「なんだよ、その不気味な笑いは」



「ほれ、見てわからんか。封印ひとつ分、チッとばかり色気が増したであろう。八角封魔術の1つが解けたおかげだ」



「え……」



 赤い髪を長く伸ばしており、瞳にはあどけなさと凛然さが混在している。相変わらず背丈は低くて、胸もペッタンコだ。頭の異様な巻き角も、変わったようには見えない。



「ほれ、どうだ? 私にメロメロであろう」



「ゴメン。どこが変わったのかよくわからないんだけど」



 満面の笑みだったヴィルザは、眉間にシワを寄せて、口先をとがらせはじめた。



「胸が、すこし大きくなったであろうが! このポンコツめッ。女心がぜんぜんわかっとらん!」



 ヴィルザはそう言って、ふんっ、と胸を張りだしている。



「ゴメン」



 そう言われてもなお、ヴィルザの胸が大きくなったようには見えなかった。



 それはさておき、八角封魔術が1つ、解けてしまった。過去の神々が苦労して封じた存在が、一歩、世界に向かって足を進めたのだ。ケネスは強くなるために前へ進もうとしている。ヴィルザは存在を取り戻すために前へ……前へ……二人三脚。この道の先には、いずれ大きな不幸が待ち受けているような予感がした。



「なんの騒ぎじゃ!」
 声がした。



 振り向くと、ブルンダ学院長が他の教師たちとともに、やって来るところだった。



「ヤバっ」



 ヴィルザのチカラを持っていることは、秘密にしておきたい。秘密にしておきたいから、騎士のヘルムをかぶっているのだ。教師たちに見つかっては、顔を隠した意味がない。……ブルンダ学院長だけは、感づいてるかもしれないが。



 ヴィルザが《透明化トランスパレント》の魔法をかけてくれた。ケネスはヒッソリとその場から、退散することにした。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く