《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-16話「マディシャンの杖」

 図書室の机上に、本を開けていた。そのまま魔法の勉強をしていると、気づけば日が暮れはじめていた。つい魔法の連中に熱中していたらしい。図書室は人気がないのか、結局、あまり人が訪れることはなかった。



「オレたちもそろそろ部屋に戻るか」



 暗くなりはじめた図書室には、不気味な空気が漂っていた。幽霊ゴーストでも出そうな気配だ。



 が、考えてみれば、ヴィルザが幽霊ゴーストみたいなものだ。誰にも存在を認めてもらえず、フワフワと漂っている存在。



「夕食はどうする?」
「寮の食堂で、何か買うことができるはずだけど」



「ハンバーガーか?」
「そんなわけないだろ」



 どうやら、ヴィルザはハンバーガーが気に入ったようだ。



 見繕ってくれた3冊の書籍は借りておくことにした。勝手に持ち出して良いのかわからなかったが、受付と思わしきテーブルにも誰もいなかったので、無断で持ち出すことにした。なんの変哲もない書籍なのだろうが、何かしらの禁書でも持ち出したような気分だった。



 本校舎を出ると、夕日が最後の光を残して退散しようとしているところだった。ベルジュラックの太陽は北から昇り、南に沈む。南の空は、ヴィルザの髪のように赤くなっていたが、学院内はすでに薄暗闇が生まれはじめていた。



『マディシャンの杖はどうするんです?』
 という男の声が聞こえた。



 声のするほうを見ると、茂みに隠れるようにして3人の男たちがいた。そのシルエットだけで、ハンプティとダンプティだとすぐにわかった。影もブクブクに太ってる。真ん中にいるのが、ロレンスだ。ガルシアに良く似たプラチナブロンドの髪が、微風を受けて揺れているのが見えた。咄嗟にケネスは本校舎の壁に張り付いて、身を隠した。



『しッ。そのことは外ではしゃべるなと言っただろう』



『すみません』
『でも、あの男子寮にあるのは間違いない』



『でも、今日はあのケネスとかいうガキをシめあげるんでしょ。寮内の探索は中止ですか?』



 自分の名前が出てきたので、心臓がビクッと跳ねた。



『そうだな。まぁ、そう焦ることはない。卒業までに見つけ出せれば良いんだから』



 3人は寮のほうに戻っていった。



「ふーっ。危なかった。変なヤツらに絡まれるところだった」



 3人の姿は完全に見えなくなったのを確認してから、安堵の息を吐き落とした。



「ケネスよ。聞いたか?」
 と、ヴィルザは深刻な口調でそう言った。



「オレをシめあげるって話をしてたみたいだけど」
「違う。その前だ」



「前?」
「マディシャンの杖――と聞こえたが」
「たしかに、言ってたかもしれない」



「チッと面白いことを聞いたな。あの男子寮にはマディシャンの杖があるそうではないか。間違いないとまで言っておった」



 ヴィルザの唇がつりあがって、笑みが深くなっていた。



「マディシャンってたしか、8大神のひとりだよな。マホ教があがめてる魔術の神さまだろ」



「私を封印した1人でもある」



「その神さまの杖ってことか。神さまの杖ってことは、ヤッパリすごいんだろうな」



 いったいどんな効果があるのかもわからないし、自分とは関係のないことだと思って、適当にそう言った。が、ケネスのこの淡々とした反応が、ヴィルザには気に入らなかったらしい。ムッとした顔を向けてきた。



「なにを他人事のように言っておるか。私たちも探すぞ」



「さ、探す? どうして?」



「マディシャンの杖は、持主の魔力を何倍にもふくらませる能力を持っておる。あの憎たらしいマディシャンめは、いつもその杖を持っておったわ」



 神さまのひとりを、古い友人のことを語るように言う。なんだか、ケネスにとって神さまという存在が、遠いものには感じれなくなっていた。よォ、と神さまの1人が声をかけてきても、ビックリしないでいられる自信がある。



「でも、なんでオレが、それを探さなくちゃいけないんだ」



 ヴィルザがどんどん顔を詰めてくる。
 ケネスが壁沿いに張り付くようにして立っていたので、これ以上さがることはできなかった。



 ヴィルザの紅の瞳のなかに、ケネス自身の姿を認めるほどの距離となった。



「良いか。マディシャンの杖は、この私を封印した、八角封魔術の呪痕の1片である可能性が高い」



「げッ」
 と、ケネスは思わず声をあげてしまった。



「約束。忘れておるわけではなかろう」
「約束?」



「あのゲヘナ・デリュリアスが帝都に襲撃してきたさいに、約束したはずじゃ。無効化のポーションを諦める代わりに、ケネスがこの私の封印解除に協力してくれる――と」



 たしかに約束した覚えがある。
 まさか、そんな機会は来ないだろうと、適当に口約束をかわしたのだ。



「で、でも……」



 その封印を解除したら、ヴィルザ解放に一歩近づくということだ。それすなわち、世界崩壊に一歩近づくという意味でもある。



「約束。ウソだったのか?」
 ヴィルザは心底悲しそうな顔をした。眉を「八」の字にして、裏切られたような表情をした。その顔を見ていると、あんまりにも胸が痛かった。



「わかった。わかったよ。マディシャンの杖。探し出せば良いんだろ」



 情に、気圧された。



「頼む」



 ヴィルザは、ケネスの手を握って、祈るように頭を下げた。その姿は魔神のそれではなく、1人の少女の懇願にしか見えなかった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く