《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-15話「図書室」

 図書室は、簡単に見つけることができた。本校舎の1階にあった。まだ講義を受けている生徒が多いからか、人の姿はマッタクなかった。立ち入って良いのか不安になるぐらいだ。



「すごいなぁ……」
 と、その書籍の多さに、ケネスは圧倒された。



 いたるところが、本、だった。天井は、はるか遠くにあって、この部屋がどれぐらい高いのかわからなかった。その壁沿いに木造の本棚があり、ビッシリと書籍が詰められている。ケネスの身長は、とてもじゃないが手が届かない。もはや背が高いとか低いといった問題ではない。人間の身長ではムリだ。



 本棚にたてかけるようにして、ハシゴがあったが、それでも上の書籍にはぜんぜん届きそうにない。



「私が見繕ってやるから。そこで待っておれ」
 ヴィルザはそう言うと、部屋の中を飛びまわっていた。ものの数秒で、ケネスのところに戻ってきた。



「何か良さそうな本あったか?」
「うむ。魔法陣を展開せよ」
「まさか、図書室ぶっ潰したりしないよな?」



「そんなことはせん。ここなら誰もいないから、私が魔法を使っても問題なかろう」



 周囲を確認する。
 たしかに誰もいない。



 魔法陣を展開した。すると魔法陣から木の枝が生えてきた。木の枝が天井近くまで生えてゆき、いくつか本を取って戻ってきた。木の枝は魔法陣の中に戻っていった。



「この3冊といったところじゃな」



『世界魔法大全』
『基礎魔法学・Ⅰ』
『実践魔術師の心得』
 という題名だった。



 魔神が選んだにしては、ずいぶんと平凡な題名なので、なんだかすこしヒョウシヌケだった。しかし、可愛いタイトルにしては、かなりの分厚さだ。1冊だけでも岩のように重い。



「ケネスよ」
「ん?」
「基礎魔法がなんであるかは知っておるな?」



「自然にあるものだろ。火、水、土、風の4種類」
 と、ケネスは指折りつぶやいた。



「その通り。その4種類が基本となるわけだが、自分の使いやすい属性というものがある。たとえば、ほれ……あの帝国魔法副長官の《血の伯爵》とかいう小娘がおったであろう」



「ああ。ヘッケラン・バートリーさんのことか」



 あまり話したことはないが、顔を合わせたことはある。大人しそうな人だったという印象をおぼえている。



「あの小娘は氷の魔法を多用していたから、水の属性が合っていたのであろう。それに、ゲヘナ・デリュリアスは風系の魔法を使っておったであろう」



「そう言えば、そうだったかな」
 ゲヘナのことは、正直、あまり思い出したくない。
 殺してしまった後味の悪さがある。



「ケネスにも、何か得意な属性があるはずだ。まずはそれを見つけるところからじゃな」



「じゃあ、火かも」
「なぜ、そう思う?」



「最初に使えるようになったのが《ライト》だからさ。これって明かりをつけるだけだけど、いちおう火系の基礎魔法だろ」



「ならば、魔法の感覚がつかめるまでは、ひたすら火の魔法を練習せよ。火の魔法については、そこの書籍に書かれておるはずだからな」



「ありがとう。勉強になった」



 講義よりも、ヴィルザの説明のほうが役に立つような気がした。が、さすがにそれを口に出してしまうと、ヴィルザを調子に乗らせてしまううえに、先生たちにも失礼なので、やめておいた。



「ケネス」
 ニタニタと笑って、ヴィルザは囁きかけてきた。



「なんだ?」



「私の見立てでは、ケネスには魔法の才がある。まぁ、ガンバってみれば良い。いずれは名のある帝国魔術師になるであろうよ。《血の伯爵》みたいな二つ名があると、カッコウ良いであろう」



 本気で言っているのか、あるいはケネスの機嫌をとったのかはわからない。だが、その言葉はケネスをおおいに活気づかせた。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く