《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-13話「歴史学」

 あの憎たらしいロレンスの言葉を、認めなくてはならなかった。歴史学の講義だ。非常に退屈だった。ヴィルザのことを聞けるかもしれないと、選択した講義だったが、ヴィルザの話も出てくる気配がなかった。



 ヨナも机に突っ伏して眠っている。艶やかな白い頬に、かすかに朱色がさしこんでいて、桜色の唇がヨダレで濡れていた。こうして見ていると、ホントウに男とは思えなかった。実は女性なんじゃないかと疑っているのだが、意外と確かめるのが難しい。



《可視化》のスキルを使えば下着までは確認できるのだが、友人の下着を見透かすというのも、チョット躊躇われるものがある。



(いかん、いかん……)
 と、ケネスはかぶりを振った。



 今、考えるべきはロレンスのことだった。



『今晩、消灯後に、男子寮の屋上で待ってる』
 そう言われた。
 シめられる――ということだろう。



 もし魔法でやり合うことになれば、ケネスのほうが不利だ。《ライト》は攻撃にはならない。せめて《火球ファイヤー・ボール》ぐらいは使えるようになっておきたい。



 この退屈な歴史学の講義の最中、机の下で魔法陣をひそかに展開して、そのコツでもつかもうとしているのだが、いっこうに魔法を発現できる気配がない。



「なぁー。退屈じゃー。いつまでこの辛気臭い話を聞いているつもりなんだ?」



 ヴィルザが不平を漏らしはじめた。



 たしかにヴィルザの言うとおり、歴史学の先生は黒板に向かって呟き続けているだけだ。しかも、声に抑揚がなくて、眠気を誘われる。



「仕方ないだろ。講義中なんだから」
 と、ケネスは小声で応じた。



「で、ケネスはひそかに魔法の練習中か」



 ケネスはもちろんイスに腰掛けているのだが、ヴィルザは、ケネスの視界をさえぎるように机に座っていた。



 白くて幼いフクラハギが目の前で揺れている。マトモに見るのも照れ臭いのだが、目をそらすにもそらせるような場所がない。ヴィルザはそんな、ケネスの男心を弄んでいるようだった。



「欲情しておる」
「してない」



「こんな封印がなければ、私ももうすこしはセクシーな姿だったんだがなぁ」



 ヴィルザはそう言うと、寂しそうに胸もとをおさえていた。ブリオーごしに、つつましい乳房の形が見て取れる。



「封印が解けると、成長するってこと?」
「少しな」



 セクシーな女性になるのだろうか。それとも、バケモノじみた姿になるのだろうか。女性の形を保ったまま成長してくれたほうが、ケネスとしてはありがたい。が、ヴィルザの封印なんか解いたら大変なことになるので、どちらにも成長することはないだろう。それよりも今は、魔法の練習に集中しようと思った。



「あのロレンスとかいう男の脅しにビビっておるんだろう。ガルシアとかいう小娘の弟だったか」



 大人の女性だろうが、老人だろうと、ヴィルザにかかればみんな「小娘」「コゾウ」になってしまう。



「オレもすこしは魔法を使えるようになっておかないと」



「無闇に練習しても上手くはならんぞ」
「コツ。教えてくれよ」



「えー。どうしようかなー」
 と、ヴィルザは意地悪そうな笑みを浮かべている。



「ケチ」



「ケチとはなんだ! だいたい、もっと私に頼れば良いであろうが、あんなコワッパ一瞬でブチ殺してやるわ。私のケネスにケンカを売ろうなんて、百万年早い!」



 脚をパタパタと暴れさせて、そう吠えていた。そんなこと知る由もなく、先生は講義を続けている。



「だから、それがダメなんだって。殺しは厳禁」



「そこまで手加減するのは難しい。だいたい周囲の建造物を壊さんように気をつかうので、セイイッパイだ」



 大言壮語ではないのだろう。実際、帝国地図を書き換える必要があるほどのヴィルザの魔法を、ケネスは何度が目撃している。



「だから、コツのひとつぐらい教えてくれても良いじゃないか」



 考えてみれば、ヴィルザはこの学校にいるどの教師よりも、優秀な能力を持っているはずだ。魔法はもともと神のチカラだったという。人間はそれを与えられた側だ。ヴィルザは神さまだから、その原形とも言える。



「ならば、取引じゃ」
 グイッと顔を寄せてくる。
 鼻先で紅の髪が揺れて、花の香りがくすぐったかった。



「命を差し出せとか言うんじゃないだろうな」



「ンなわけなかろう。ケネスの命は自分の命よりも大切に思うておるわ」



 ヴィルザは恥ずかしげもなくそう言った。
 チョットうれしい。



 ケネスがいなければ、ヴィルザはまだ孤独の深淵に落ちることになる。そのヴィルザのことを崖っぷちでつなぎとめているのは、ケネスの存在だ。もしかするとヴィルザから見たケネスの存在というのは、かなり大きなものなのかもしれない。まさしく命綱にひとしい。



「よく恥ずかしげもなく、そんなこと言えるよな」



「もうこれだけ歳を食っていれば、恥ずかしいなどと思うようなことは滅多にない。それより、コゾウのほうが顔が赤いぞ」



 言われて、あわててうつむいた。



 ヴィルザはときおり、ケネスのことをコゾウ呼ばわりしてくる。揶揄する意味も込めているのかもしれない。



「ンで、この魔神との取引を受諾するのか?」
「内容にもよるけど」



 いったい何を言いだすのかと緊張した。魔神との取引なんて聞くと、人の命でも対価に求めてきそうな気配があったからだ。



「ハンバーガー」
 と、ヴィルザはつぶやいた。



「ハン……は?」
 聞き間違いかと思って、すぐに意味がのみこめなかった。



「じゃからな。人間たちの食っている、ハンバーガーというシロモノを食ってみたいと言っておる」



「食べ物は食わないって言ってなかったか?」



「うむ。たしかに腹は減らんのじゃが、しかし、味を楽しむという意味では、食っても良いじゃろう」



「でも、ヴィルザはこの世界に接触できないんだから、食べることも出来ないだろ」



「そこで、ふと気づいたんだが」



 ヴィルザはジッとケネスのことを見つめてくる。



「本来であれば、こうして机に座ったり、ベッドで眠ることも出来んはずなのだ。しかし、それが出来るのは、おそらくケネスを介しているおかげなのだ。ケネスを仲介すれば、私も物体に触れることができる」



「そうみたいだな」



「だから、ケネスに食べさせてもらえれば、私も食べられるのではないか――と考えたのだが、どうであろうか?」



 そんな単純なことで、魔法のコツを魔神が教えてくれるならば、まぁ、食べさせてやっても良いか。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く