《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2-11話「魔術実践学」

 次の講義は、グラトン先生の魔術実践学だった。グラトン先生は、恰幅の良い白髪の先生だった。しかもその白髪が爆発でもおこしたみたく、盛り上がっている。インクを一滴だけ垂らしたような小さな目をしていた。先生の名前をおぼえるのも大変だ。



 さきほどのような机に座ってやるような講義ではないらしく、外に出て行うことになった。練兵場のような場が広がっていた。足元にはちゃんと芝が刈りそろえられている。緑の湖の上にでも立っているような心地だった。



 講義は選択性になっており、魔術実践学を選択しているのは、おおよそ100人ほどいるようだった。



「この学校の1年生だって、何人ぐらいいるんだ?」
 隣に立っているヨナに尋ねた。



「だいたい150人ぐらいかな。マホ教は種族で差別しないから、中にはエルフもいるし、獣人族もいるよ」



 たしかに、長く垂れた耳の者もいたし、トンガリ帽子から獣のような耳をのぞかせている者もいた。



「じゃあ、だいたいはみんな、この講義を選択してるってことか」



「まあ、魔術師になりたいなら、実践は欠かせないしね」



「それもそっか」
 なかには、ロレンスもいた。



 ロレンスはさっきの一件により、完全にケネスのことを敵とみなしたらしく、あからさまに敵意のこもった目を送りつけてきた。ロレンスの両脇には、ゆで卵を巨大化したようなトリマキがいた。ロレンスの右手にいるのがハンプティ。左手にいるのがダンプティで、双子なのだとヨナが教えてくれた。



「はーい。それじゃあ、魔術実践学を、はじめていきまーす」
 と、グラトン先生がノンビリとした語調で切り出した。



「それではみなさん。まずは魔法陣を展開していきましょう。念を込めるんですよ」
 とグラトン先生の声はノンビリとしているのに、広々とした校庭に良く響いた。周囲には本校舎やら寮やら城壁があるので、声が反響しているのかもしれない。



「ふぅ」
 と、ケネスは緊張して息を吐きだした。



 もし自分だけ、魔法が使えなかったらどうしようかと言う不安にかられたのだ。ケネスは最近になってようやく、《ライト》と言われる基礎魔法を使えるようになった。他に使える魔法はない。



 不安がっていても仕方がない。



 他の生徒たちが、魔法陣を展開しはじめているので、ケネスもいつものように魔法陣を展開した。



 ヨナは魔法陣を展開することも出来ないようだった。魔法陣らしき青白い光が、ヨナの手の前でモヤッと現われるのだが、形とならずに消えてしまうのだった。そしてそれは、ヨナだけではなかった。



「ケネスはすごいなぁ。もう魔法陣を展開することができるのか」
 ヨナは感心したように言った。



「これは、すごいって言えるのか?」



「ボクたちはまだ1年生だから、魔法陣を展開できない生徒もすくなくないよ」



 なるほど、と納得した。
 魔術師学校とはいえ、ここにいるのは全員1年生だ。つまり、これから魔術を学ぼうと決意して、やって来た生徒の集まりなのだ。使いこなせるなら、わざわざ学校にも来ていない。



(これはオレにとっては、チョウド良いレベルかもしれない)



 今まで冒険者の中ではFランクとして、バカにされてきた。しかし、冒険者は実戦のなかで鍛えられてきた猛者の集まりだ。魔術師学校のなかでは、もしかするとオレも月並みレベルではあるのかもしれない――とケネスは期待した。ヴィルザは至極つまらなさそうに宙に漂っているが、この学校に来たのは間違いのなかった選択だったと思った。



「いいですか。来週までに魔法陣を完璧に作り、基礎魔法である《発火ファイヤー》を扱えるようになることを目標としますよ」



 1年生はまだ誰も、魔法を発現するところまでは出来ないようだった。《ライト》を扱えるケネスも、この中では、それなりに優秀な部類ということだ。もっとも、見せびらかそうとは思わなかったが。



 しかし――。
 1人だけズバ抜けて優秀な生徒がいた。
 それが、ロレンスだ。



「1週間かけて《発火ファイヤー》かよ。レベル低すぎるぜ先生。オレはもう《火球ファイヤー・ボール》を扱えるようになったぜ」



 ロレンスはそう吠えると、ホントウに《火球ファイヤー・ボール》を放ってみせた。人の顔ほどもある大きさの火の球が放たれて、校庭に焦げ跡をつくった。



 おおっ……と生徒たちが感嘆の声をあげていた。



 しかしケネスは、声をあげる気にはならなかった。意地を張っているわけではない。その程度で威張られても、なんとも思わないのだ。王国軍が帝都を襲撃したさいには、もっとスゴイ魔法が飛び交っていた。



「みなさんも、ロレンスくんを見習って、魔術に磨きをかけるように」
 と、グラトン先生は燃えた校庭の芝を、魔法でもとに戻していた。



「どれ、ケネスも一発かましてやるか? 私の魔法を見せてやれば、度肝を抜かしよるぞ」
 ヴィルザがそう言う。



「いいって」
 ここで、ヴィルザの実力を見せれば、それはもう、驚天動地の事態に陥るだろう。ロレンスも、あるいは、先生だって腰を抜かすに違いない。それそれで、面白い気がするけれど、ここは我慢だ。



 ヴィルザの能力を使うと、本来のケネスの実力との差異に、周囲が戸惑うことになるはずだ。トツゼン強くなったり、弱くなったりすると、説明がつかない。



 この学園では、ヴィルザに頼らずに、自分のチカラでやっていこうと決めていた。



「ちぇー。つまらん」
 と、ヴィルザはふてくされていた。



 今は、我慢の時期だ。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く