《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第13話「酒場」

 酒場。



 酒場といっても、酒を飲みに来たわけではない。酒は20歳からと決まっている。酒を飲んでいる男たちの喧騒を見ていると、はやく大人になりたいものだという思いがこみ上げてくる。



 木造の円卓を囲んで、やたらと楽しげにビールジョッキを叩き合わせている。冒険者たちらしい。どうやら、何か難度の高いダンジョンを攻略してきたようだ。聞き耳から入ってくる情報によって、それがわかった。



「で、これからどうする?」
 と、ヴィルザが尋ねてくる。ヴィルザは飲み物を必要としないので、テーブルの前には何も置かれていない。



「うん……」
 と、ケネスは水を飲む。



 ここは帝都の酒場ではない。帝都の隣町にあった酒場だ。お酒だけでなくて、一般的な飲料も出している。



 冒険者組合はあったが、たいした規模の町ではなかった。そのため城壁はなかった。都市ではないということだ。殺人者の身では、もう都市を行き来するのも難しそうであった。ただ、この町は農作物や家畜を多く育てており、寒の季節に入る前には、多くの麦を実らせる。それらの物産を帝都と交易しているそうだ。



 こんな町に、何をしに来たのかというと――。
 ただの休憩である。
 ノドが乾いたから酒場に来ただけだ。



 ずっと歩き続けているわけにもいかない。今はもう日が暮れている。夜になれば、平原にはモンスターが出たりもする。宿が必要だった。



 ケネスは、すこし冷静になっていた。



 人を殺してしまったと思って、あわてて逃げてきた。しかし、このまま逃げ切れるとも思えない。何かしらの方法で逃げ切ったとしても、ロクな運命が待ち受けていなさそうだ。



「やっぱり帝都に戻って、自首しようかな」
 それがイチバン現実的だと思う。
 このまま逃げていたら、帝国騎士は実家の親のもとまで行くだろう。



「もし、それで処刑ということになったら、どうする?」



 問題は、これだ。
 ケネスは可憐なる魔神を見つめた。



 自首するにしても、これを、このままにしておいて良いとも思えない。魔神なのだ。もともとケネスが見つけてしまったのが悪い。だが、なんとかもう一度、封印されていてもらえないだろうか――と思う。このまま魔神に頼り続けていたら、きっとまた災厄が起こる。そんな不吉な胸騒ぎがあった。



「ヴィルザは、どうやって封印されたんだ?」



 封印についての情報を聞き出そうと思った。



「これは、呪術――つまり呪いの類だ」



 癒術、魔法、呪術。


 癒術は癒術師などが行使するもので、魔法は魔術師が行使するものだ。呪術は呪術師が使う。



「オレは呪術については、あんまり詳しくないんだけど」



「魔法とはまた別の、ジャンルであるからな。呪術というのは、図式や言葉を使って行うものが多い」



「絵を描くのか?」



「うむ。だからまぁ、個人戦に向いた技術ではない。術式を描いている間、相手に待ってもらうわけにもいかんしな」



「たしかに」
 そんなもとを描いてたら、その前に倒されるだろう。
 ケネスでも倒せそうだ。



「たとえば我の封印は、八角封魔術と言われるものだ。これはかつての8大神が行ったもので、人間に扱うことの出来ぬ最強の呪術であるがな」



 ヴィルザは苦笑のようなものを浮かべた。



「具体的には、どういう感じになってるんだ?」



「世界の8箇所に、私を封印するための呪痕というものがあるはず。それは、常人の目には見えぬし、この私にも見つけ出すことは出来ない。だから、どういう形をしているかは不明だが、まぁ、その呪痕がこの私を永遠に封印しているというわけだ」



 そこまで言うと、ヴィルザはハッとしたように目を開いていた。



「どうかしたか?」



「いや。私にはその呪痕は見えんが、もしやケネスには見えるのではないか? もし、良ければ壊してくれるとありがたいんだが……」



 年端もいかぬ幼子が、親に物をねだるような目を向けてくる。



「そんなことをしたら、ヴィルザの封印が解けるんじゃないのか?」



「解ける」



「実体を取り戻すってことだろう? だったら、何するかわからないじゃないか」



「世界征服」
「却下だ」
「そんなぁ……」



「当たり前だろ。世界征服とかさせるつもりはないから」



「世界を征服したアカツキには、ケネスは私の婿として迎え入れてやっても良い。それで、どうであろうか?」



 まばゆい宝石のような眼光だ。
 さすがにこんな美少女に、婿と言われるとドキッとするが、それで懐柔されるわけがない。



「どうであろうか――じゃない。ダメだ。断固却下だ」



「うぅ……ケチ」
 ヴィルザは頬をふくらませた。
 ケチもへったくれもない。



 指をパチンと鳴らすだけで、地面をめくりあげて、マグマを吹きださせるようなヤツを解き放つわけにはいかない。



 ものの数秒で世界が潰れてしまいそうだ。



「だいたい、その呪痕とやらがどんな形をしてるのか、オレにもわからないよ」



「うむ。それもそうか」
 名残惜しそうにしていたが、それ以上は執拗に頼んではこなかった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く