《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第11話「逃避行 前」

「ヤバイって。これはヤバいヤツだって……」
 ケネスは家にこもっていた。


 
 木造の大きな家屋で、そのうちの一室を借りている。いわゆるアパートだ。月に帝国金貨3枚となっている。大きな部屋ではない。ベッドがあり、あとは人が1人座れるぐらいのスペースがあるだけだ。



 窓。



 二階からは、石畳のストリートが見える。大量の帝国魔術師と、帝国騎士が走り回っているのだ。



 帝国魔術師は純白のローブを羽織っている。帝国騎士は黒く染色されたクロスアーマーを着ている。どちらも規定のものだ。それが帝国に仕える者だと、すぐにわかる。



 しかも、さっきから風系基礎魔法の、《風の声ウィンド・ボイス》が発動されている。



『ケネス・カートルド。もしも声が聞こえているならば、姿を見せなさい』
 と名指しである。



 罪人をいぶりだす咎の声に違いない。
 呼ばれるたびに、ケネスはビクッとカラダを震わせていた。



「どうしよう。人を殺しちゃったんだ。逮捕されるに決まってるよ。いや。殺した相手は帝国12騎士だったんだ。もしかしたら処刑されるかも」



 田舎の両親にも迷惑がかかるかもしれない。
 泣きだしたい気分だ。



「いや、申し訳ない」



 ヴィルザはホントウに申し訳なさそうにしていた。風体が少女なので、怒る気にもなれない。 


「別に良いよ。魔法を発動したのはヴィルザだけど、魔法陣を展開したのはオレなんだし」



 しかし、トンデモナイことをしてしまった。
 殺人である。
 その罪悪感が、心臓をローストビーフのように縛りつけてくる。



「私も殺すつもりではなかったのだ。まぁ、人間の命の1粒や2粒。別に何とも思わんが、ケネスに迷惑をかけるつもりはなかった」



 魔神の心も罪悪感を感じるのか、「貴様」から「ケネス」に呼び名が変わっている。



「これから、どうしよう……やっぱり処刑されるのかな」



「処刑? ケネスを処刑などさせん。ケネスが死んだら、私はまた1人になるではないか。全人類を滅ぼしてでも守ってやるから、その点は安心しろ」



「……そう」
 物騒なことを言っているが、その言葉は頼もしい。



「とりあえず、帝都にいるのはマズかろう。旅の準備をせよ。《透明化透明化トランスパレント》の魔法をかけてやる」



「《透明化トランスパレント》なんて魔法があるのか?」



 ケネスは魔法の基礎を学んだぐらいだ。すべての魔法を知っているわけではない。



「風系最上位魔法だ」
「じゃあ、頼むよ」



 まとめる荷物なんて、あまりない。日頃、薬草摘みに使っているナイフ。あと、ありったけの帝国通貨。着替えのブリオー。それぐらいだ。ケネスはクロスアーマーすら鎧を持っていない。鎧を買うようなお金はない。



「よし。これぐらいかな」



「身軽なのは良いことだな。よし。魔法陣を展開せよ」



 言われた通りに、魔法陣を編み出した。たちまちケネスのカラダが透明になる。



「ヴィルザみたいに、存在が消えたりしてないよな?」



「そんなわけあるか。この存在を消す呪いはそんな簡単に発動できるものではない。数分もすれば効果は切れる」



「じゃあ、効果が切れる前に帝都から出なくちゃな」

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く