《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第10話「ガルシア・スプラウドの初恋」

 ゴーランが疾駆した。
 そして姿を消した。



「あれは、魔術騎士だったのか?」
 と、ガルシアは問うた。



 なかには、魔術と騎士と両方の修練を積んだ者がいる。そういった者を、魔術騎士と呼んでいた。しかし、両方に才能がある者は珍しく、部隊を編制するまでには至っていない。



「いえ。あれは《俊足》という固有スキルなんですよ。ただ走っているだけです」
 と、レオ騎士長が教えてくれる。



「走っているだけ?」



「音速で走っているため、肉眼ではとらえられない。そういうスキルなんですよ」



「なるほどな」



 さすがにこれで、ケネスという子供も終わりだろうと思った。驚くことが起こったのは、次の瞬間だ。ガルシアは思わず立ち上がったほどだ。その勢いで肘かけにあった水をこぼしてしまった。



 ケネスは、ゴーランの一撃を防いだのだ。しかも、ただ防いだのではない。



「あれは……」



 自分の目に間違いがなければ、まず間違いなく土系最上位魔法の《絶対防御アブソリュート・シールド》と言われるものだ。最上位魔法を使える魔術師なんて、限られている。帝国内でも100人いるかどうかといったとろだ。



 魔法というのは「基礎魔法」「上位魔法」「最上位魔法」に大別される。が、細かく見ていくと、同じ基礎魔法の中でも、さらにランク分けされる。A級基礎魔法、B級基礎魔法、C級基礎魔法……F級まで存在している。



 それは、最上位魔法でも言えることだ。



 A級~D級の最上位魔法と言われるものは、神話に登場する神レベルだ。ガルシアでさえも、D級が限界だ。それでも神の領域に足を踏み込んでいる。


 今のは、どのぐらいだ?
 わからない。



 たった一瞬で、しかも見ているだけでは、そこまで細かく判別できない。しかし、最上位魔法が発動されたことだけは間違いない。



 ただでさえ驚いているのに、さらに驚くことが起こった。驚くというよりも、むしろ理解できない事態だった。



 ケネスが発した《酸の霧アシッド・フォグ》が、帝国12騎士のベルモンド・ゴーランを溶かしてしまったのだ。



 これには貴賓室どころか、会場全体が唖然とさせられていた。気が付いたときにはケネスの姿は消えていた。会場は喧騒に包まれていた。



「癒術で治るでしょうか?」
 レオ騎士長が尋ねてくる。
 そう尋ねられてガルシアもようやく正気を取り戻した。



「いや。さすがに癒術でも死人までは治らんだろう」



「そうですか。帝国12騎士の1人がこんな形で死んでしまうのは、非常に惜しいことです。惜しいことですが、それよりも――」



「わかっている」



 あの、ケネスという少年だ。
 タダモノではない。
 使われた魔法は4つ。



 土系上位魔法の《鉄の皮膚》。土系最上位魔法の《絶対硬化》。風系上位魔法の《呪縛の蔓》。火系上位魔法の《酸の霧》。どれをとっても申し分ない。



 ひとえに魔法と言っても、強弱は個人の魔力量によって変わってくる。筋肉に置き換えてみるとわかりやすい。たとえば、筋肉がまるでない人間が繰り出す回し蹴りよりも、圧倒的な筋力がある人物の単純なパンチのほうが強い。



 魔法も同じだ。



 最上位魔法まで使える技量も大切だが、肝心なのは魔力の強さだ。ケネスは火系上位魔法で、帝国12騎士の1人を完全に溶かしてしまった。魔力が強すぎたためだろう。



 欲しい!
 そう思った。



 ケネスという少年を手に入れられれば、かなりの戦力になる。それも即戦力だ。自分と対等なほどの、魔術師かもしれない。



 しかもまだ子供だ。
 伸びしろはいくらでもある。
 自分の直接の弟子にしたいとまで思った。



 あるいは、自分よりも強いかもしれない。



 ガルシアはカラダの芯が熱くなるのを感じた。魔法においては自分より強い者など、見たことがなかった。もしもケネスが自分よりも強ければ、はじめてかもしれない。この気持は、初恋、と言われるものかもしれないなどと感じた。



 25にもなって初恋とは――。
 我ながら呆れる。
 いいや。
 そんな不埒なことを考えている場合ではない。


「帝国魔術師を総動員せよ! あのケネスという少年を見つけ出して、我が魔術師部隊に勧誘するぞ」


 控えていた魔術師はたじろいだ。



「し、しかし、これは殺人です。闘技大会とはいえ……」



 なんて愚鈍なことを言うヤツか。
 ついガルシアはカッとなった。



「この闘技大会の本来の目的は、優秀な人材を見つけ出すためのものだ。帝国12騎士をああも簡単に倒してしまう魔術師だぞッ。殺人であろうと構わん。皇帝陛下はお許しになるはずだ。さっさと探し出せッ」



「はい!」
 魔術師は貴賓室を飛び出していった。



 つい怒鳴ってしまったが、失言だったことに気づいた。特に、帝国12騎士の1人として、ゴーランに目をかけていたレオ騎士長の前だ。



「すまない。別に他意はない」



「いいえ。構いません。私もガルシア魔法長官に同感ですよ。これは本来、優秀な人材を見つけ出すための大会です。ゴーランという戦力を失った分、それよりも大きな戦力が見つかったというだけです」



「わかってくれて、ありがたい」



 デラル帝国と、ケリュアル王国は現在、停戦中。とはいえ、ずっといがみ合っている仲だ。ベルジュラックはもともと、ひとつの巨大な絶対王政国家だった。しかし、世継ぎの問題でモめた。それをキッカケに各国は散り散りに分裂。その中で最もチカラを持った2つの国が、デラル帝国とケリュアル王国だった。



 帝国と王国。



 いずれかが相手を討てば、この戦争はたちまち収束するだろうと思われているが、もう数百年にわたって争い続けている。



 均衡が崩れない。



 逆に考えればチョットしたことで、このバランスは崩れるはずだった。そして今回の、闘技大会はその均衡を崩すための、戦力確保なのだった。


(あの青年がいれば、かなり違ってくる)
 と、ガルシアは確信した。



 ケネス・カートルド。



 その名前は、たしかのこの胸に刻みつけた。今の戦いを思いかえすだけでも、胸の奥がキュンとすぼまるものを感じた。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く