《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第9話「ガルシア・スプラウドの観戦」

 帝国魔法長官――ガルシア・スプラウドは貴賓席で闘技大会を見ていた。現在は停戦中とはいえ、ケリュアル王国との戦争はすぐに再発する。そのときのために、1人でも優秀な人材を確保しておきたい。ガルシアの役目は、今回の大会で優秀な魔術師ないし、魔術師の卵を見出すことだった。



 同じ貴賓室には、帝国将校が3人。そして帝国騎士長――英雄と言われるソーディラス・レオの姿もある。帝国12騎士の中でも最強と言われている。



 将校たちがさっきから、卑しい目を向けてくるのがわかっていた。ガルシアは女性なのだ。絶世の美女だという者もいる。傾国の美姫だと言う者もいる。魔法長官になれたのは、皇帝の女だからだと言う者もいる。



 くだらない。



 若くして長官のイスに座れたのは、それだけ才能に恵まれていたからだ。



 騎士と魔術師は、マッタクの別枠になっている。騎士には騎士の階級があり、魔術師には魔術師の階級がある。ガルシアは帝国魔術師として最高位に座する者である。



「レオ騎士長は、闘技大会に参加しなかったのかね」
 と、ガルシアは尋ねた。



 騎士と魔術師が別枠とはいっても、騎士長と比べれば、ガルシアのほうが階級は上だ。それでも帝国随一と言われるレオ騎士長にたいして、尊敬の念を覚えている。年齢的にも、ガルシアのほうが若い。



 レオ騎士長は頬をゆるめた。



「それを言うなら、ガルシア長官こそ」



「私は、闘技大会に参加するよりも、優秀な人材を見つけなければならんからな。次なる戦争に備えて」



「同じく、私もですよ。ガルシア長官は魔術師をお探しでしょうが、私は腕の立つものを――ね」



 いちおう立場的には、ガルシアのほうが上だ。なので、レオ騎士長のほうが言葉づかいをあらためていた。



「なるほど」



 貴賓室の座席は深く沈み込むようになっている。肘かけには飲料が用意されている。水を手にとり、口を湿らせた。



 相変わらずお美しい――とか。
 キレイなプラチナブロンドですな――とか。



 将校たちは、つまらない言葉を投げかけてくる。いちおう相手は将校だ。失礼がないようにあしらっておいた。



 会場が騒がしくなる。



「誰か有名な人物が出てきたかな?」



「あれは、帝国12騎士の1人。ベルモンド・ゴーランですよ。双剣のゴーランなどと呼ばれています」
 と、レオ騎士長が紹介してくれる。



「若いな」



 それに良い男だ、と思った。



 いちおうガルシアにも美醜感覚は備わっている。しかし、重視はしていない。ガルシアは、実力のある人物こそ美しいと思っている。



「ええ。ゆえに勢いがある。動きが直線的でまだまだ甘いですが、相手の急所を的確に突く技量はなかなかのものです。それに、彼の俊足は凄まじいものがありますよ」



「ほぉ」 
 具体的な説明は不要だ。



 帝国12騎士の内に数えられているのなら、それだけ強いということは証明されている。



「相手はまだまだ子供ですね。これは、組合せが悪い」



「うむ」



 ガルシアは見るべきは、子供のほうだ。優秀な人材確保という意味では、別にゴーランを見る必要はない。同じく騎士長も子供のほうに注目しているようだ。



「あの子供。どう見ますか?」
 騎士長は鋭い眼光を、子供のほうに向けている。



 きっと自分も同じような目をしているのだろうな――とガルシアは思った。



「騎士には不向きだな。カラダを鍛えている様子はない。これといった武具を装備しているわけでもない。それでもこの闘技大会にエントリーしたということは、魔術に自信があるということではないかね?」



「ええ。私もそう思います。で、魔術のほうはどうなのです?」



 ガルシアは首をひねった。



「いや。優秀な魔術師であれば、見てわかるものだ。しかし、あの子からはまるで何も感じられないね」



「なら、不要な人材ですね」
「ああ」



 ものの数秒で終わる試合だろうと思っていた。しかし、その予想は大きく外された。ゴーランの一撃を、子供が受け止めたのだ。



「なかなか、やるんじゃないですか」
 騎士長は感心したように、子供を見ていた。



「今の魔法は、おそらく土系上位魔法の《鉄の皮膚アイアン・スキン》だな。ふむ。見た目からは魔法を使える気配など、ぜんぜん感じられなかったのだがな……」



 ガルシアは首をかしげた。



「しかし、帝国12騎士の一撃を防いだのです。これは立派なことでしょう」



「そうだな」



 上位魔法を使えるというだけでも、優秀な魔術師の証拠だ。



 待機させていた魔術師の1人に、子供の名前を尋ねた。名前は、ケネス・カートルド。Fランク冒険者だとのことだ。



「Fランク冒険者? 何かの間違いでは?」
 と、騎士長が首をひねる。
 ガルシアも同じく「?」を頭に乗せていた。



 イデタチからはFランク冒険者と言われても、納得がいく。騎士としても魔術師としても、冴える点はない。しかし、上位魔法を使って、帝国12騎士の一撃を防いだのは事実だ。



 何か固有スキルによるものなのか。
 自分の実力を隠さなければならない、事情でもあるのか。
 


 長く伸ばしているプラチナブロンドの髪をかきあげた。別に、外見を気にして伸ばしているわけではない。切るのがメンドウなだけだ。将校たちの鼻がヒクヒクと動いたのを見て、ゲンナリした。次からは、男のように短髪にしようかなどと思う。



「前言撤回だな。育てればなかなか使えそうだ。試合が終わったら、帝国魔術師に勧誘してみよう」



 まだ子供だ。
 育てれば、そこそこの魔術師ぐらいにはなるだろう思っていた。



「それが良いでしょう。まぁ、しかしこの試合は、ゴーランの勝利に変わりはないでしょうけどね」



「それはそうだ」
 帝国12騎士に勝てる子供なんかいたら、仰天だ。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く