《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第3話「孤独な魔神」

 ヴィルザハードの名前は、ケネスも知っていた。かつてこのベルジュラックという世界全体を、恐怖のどん底に落としいれた存在――だそうだ。ただ、それは神話の話であって、実話なのかどうかさえもケネスは知らなかった。



 神話によると――。



 ベルジュラックは、チキュウという世界と交流していた。そして、文化的な発達を遂げた。しかし、ヴィルザハードの出現によって、世界の森羅万象が破壊され尽くした。チキュウとつながる異世界の出入り口も破壊してしまった。人間たちはモンスターに奴隷、ないし、食糧として扱われた。まさに恐怖世界である。



 ――といった内容だ。



 その後、8人の神様が結託して、ヴィルザハードを封印したとされている。ヴィルザハードが封印されたことによって、平和になったのだそうだ。



 ケネスは神話をすべて覚えているわけではないし、ざっくりとしている。だが、大筋に間違いはないはずだ。



 この神話は、どこの国であろうと、どの宗教であろうと等しく伝えられている。



 で――。
 今、ケネスの目の前にいる少女が、その魔神の名前を名乗ったのだった。



「ヴィルザハードって、魔神の名前なんだよな
「ああ。そうだ」
「なんでその魔神が、ここにいるんだ?」



 相変わらずケネスは、少女に押し倒されているカッコウのままだ。



「私は、8大神によって封印された。いや。正確には存在を消されたのだよ」



 主神   ゲリュス
 愛の女神 アクロデリア
 豊穣の神 デデデル
 魔術の神 マディシャン
 戦争の神 カヌス
 大地の神 アースアース
 大海の神 ポテルタン
 森林の神 エルフタン



 それが、8大神とされている。今も信心深い者は、そういった神に祈りをささげたりしている。農産物の実りを祈る者は、デデデルに手を合わせる。漁師はポテルタンに頭を下げる。



「存在を消されたって、目の前にいるじゃないか」



「私は、ここ数千年という時のあいだ、ずっと誰にもしゃべることが出来ず、接触することもできなかった。誰にも認識してもらうことが、できなかったのだよ」



 しかァし――と魔神少女は続ける。



「今ッ。私は数千年ぶりに、他の生物とコミュニケーションをとることに、成功したのだッ」



 ビシッとケネスの鼻先に、白くてほっそりとした人差し指を押し付けてきた。



「じゃあ何か? オレだけ君を認識できると?
「おそらくそうであろうな」
「そんなバカな」



 周囲から存在を認識されないというのは、まだ信じられる。ケネスにはムリだが、魔法に長けたものであれば可能かもしれない。



 しかし。
 こんな少女が魔神だとは、とうてい信じられない。



「良かった。それにしても数千年ぶりに人間に触れたぞ。貴様に出会えてホントウに良かった」
 と、少女はケネスに頬ずりしてきた。



「うわっ。よせ、やめろって」
 あわてて押しのける。
 照れ臭いのだ。



 つつましい乳房の感触まで伝わってくる。女性特有の花の蜜のような芳烈がたちのぼっている。



 押しのけようとするのに、ぜんぜん離れない。



「良いではないか。数千年ぶりに会話をするこの感覚。なんという歓喜か。この感動を名状することは不可能であろうな」



 少女は紅色の瞳に涙まで浮かべていた。
 さすがに演技とは思えない。
 思えないが――。



「オレ以外に認識されないって言うんなら、証拠を見せてくれよ」



「証拠だと?」



「もしも認識されないんなら、簡単なことだろ」



 すぐ近くに街道がある。
 人通りも激しい。
 こんな少女が街道に跳びだして来れば、誰だって認識するはずだ。



「なるほど。たしかに、口で説明するよりか、実際にやってみて証明するほうが良さそうだな」



 少女はようやく、ケネスから離れてくれた。ケネスの手を取って、街道まで引っ張ってきた。ケネスは、されるがままになっていた。街道では依然として、帝都へ行くための行列ができていた。



「あそこに跳びこむからな。ちゃんと見ておけよ」



「無茶するなよ。あとで叱られても知らないからな」



「案ずるな」
 少女は堂々と街道へと跳びだした。



「あ、危ないって」



 少女は馬の目の前に跳びだしたのだ。全力で走っているわけではないとはいえ、不意に馬の前に跳びだすのはさすがに危険だ。少女ぐらいの幼子が蹴り飛ばされるような事態は珍しくない。



 しかし――。



 次の瞬間に起こったことに、ケネスは唖然とした。馬車は止まることなく、少女を貫通したのだ。轢いたのではない。透き通っていったのだ。あまつさえ周囲にいる人たちも、少女にたいしてイッサイの関心を示すことはなかった。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く