《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。

執筆用bot E-021番 

第2話「魔神ヴィルザハード」

 街道から距離を取る。丘陵をしばらく歩く。



 冒険者組合への帰路……。



 白い花を咲かせた植物が、群生している場所がある。ポポコという花だ。これが薬草になる。どこにでも生えているものだから、安価で流通している。そのポポコの花畑の中に、たたずむ少女がいた。



 紅色のロングヘアだった。その目に宿る虹彩もまた紅色だ。鼻はそれほど高くなく、唇は桜色だった。あどけなさが目立つ。しかし、その稚拙な面のなかには、不思議な色気もあった。大人の女性のような憂いが感じられた。黒く縁取られた目元のせいで、そう見えるのかもしれない。



 白いポポコの群生は、紅色の少女の存在をよりいっそう際立たせていた。目立つ。しかし何よりも目立つのは、二つの角だった。少女の紅色の髪からは、獰猛そうな角が生えているのだった。



(モンスターか?)



 それにしては、あまりにも美しい。



 髪や目が紅色だからか、みずからの存在を美しく誇示しようとするような、チカラヅヨイ魅力を感じた。頭の角も可憐な少女には不釣り合いだが、その少女を引き立たせるための道具にも感ぜられた。



 頭の角を除けば、風体は人間の少女だ。着ているものも、人間の愛用しているブリオーと言われる衣装だった。



 しばし、見惚れた。


 心地よい風が吹いて少女の紅色の髪が、舞い上がった。まるで吹き荒れる炎のようだった。



「あ、あの――」
 迷子の少女かもしれない。
 警戒心を保ちつつ、そう声をかけてみた。



 声をかけられても、少女はしばらく呆然をたたずんでいた。



「もしもーし」
 もう一度そう声をかける。



 少女の紅の双眸ひとみがしばらく、ケネスをとらえていた。そしてハッとしたように、目が大きく見開かれた。



「わ、私が見えている?」
「え?」



 少女は立ち上がる。



 立ち上がったことで、少女の身長がわかった。ケネスの胸元あたりまでしかない。よろよろと操られたかのように、近寄ってくる。



「おい。貴様。私の姿が見えているのかッ」
 声音は、うららかな風に乗る花弁のようだ。それに反して言葉づかいは、苛烈だった。



「見えてるって、何が」



「見えているだけじゃないな。私の存在を認識しているのだな」



「う、うん」
 見ているか否かと言えば、見えている。



「やった。やったぞッ。私のことを認識できる存在がいるとは、なんという幸運か!」



 抱きついてきた。
 少女のカラダ。
 小さくて、温かくて、やわらかい。



 日だまりを抱いている気分だ。女性のカラダがこんなにもやわらかいなんて、はじめて知った。



 ケネスは、少女に押し倒されるカッコウになった。



「なんだ? いったい何なんだ?」



「はじめまして。私の名前はヴィルザハード。かつてこの世界を支配していた魔神である」



「は、はぁッ?」
 ケネスの心に落ちてきた感情は、驚嘆である。

「《完結》異世界最強の魔神が見えるのはオレだけのようなので、Fランク冒険者だけど魔神のチカラを借りて無双します。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く