ショートショート集

月夜野 星夜

花いっぱい

「この世界を、花でいっぱいにしたい!」
  少し未来の、地球の、ある国の、ある研究所で、天才科学者であるフラウ博士は、そう考えた。


 フラウ博士はその日から、寝る間も惜しんで研究にいそしむことになる。


 その甲斐あって1年後には、とうとうフラウ博士の夢を叶える植物が誕生した。


 その植物は「花風船」と名付けられた。


 「花風船」の種を地中に埋めると、その土地の環境に適した花を咲かせ、花が散って種を宿す頃になると、子房しぼうの部分が風船のように膨らんで、やがては風に乗り、世界中へと旅立って行くのだ。


 そうして、またどこかの土地に根付いては、その土地の人々の目を楽しませてくれる。


 ときには、喜ばしいことに、美味しい野菜や、果実を付けることもあった。


 こうして、フラウ博士の「花風船」は世界各地に飛び立ち、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月……と経つうちに、地上は色とりどりの花々であふれかえり、かぐわしい香りで満たされた。


 そんなある日の夜、突然漆黒の空いっぱいに、極彩色の光が広がった。


 驚く人々の頭上で、その光は、あるものはヒマワリを想わせるかのような大輪の花を咲かせ、またあるものは、かすみ草のように細やかな輝きを夜空一面にきらめかせた。


「フラウ博士、これはいったい……?」
 助手がフラウ博士に尋ねると、それまで思案顔だった博士は、ポンと手を打って叫んだ。
「そうか! これはきっと、宇宙まで飛んで行ってしまった『花風船』に違いない! そしてそれは、宇宙空間を漂い続けて、とうとう太陽まで到達したのだ」
「なるほど、それでは太陽の地熱で温められた『花風船』は、花火のような光の花を、宇宙空間いっぱいに咲かせた、ということですね」
「うむ。我々の研究が、予想だにしなかった形で花開いた、ということじゃな」
 フラウ博士は、満足そうに自慢の白髭を撫でる。
「それにしても、音のしない花火っていうのも、なかなかいいものですね」
 助手も、目を細めてフラウ博士の横に並び、うっとりと夜空を見上げた。


 太陽の花々は、それからひと月もの間、夜となく昼となく、人々の頭上で輝き続け、次々と花開いては散っていくのだった。

「ショートショート集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く