ショートショート集

月夜野 星夜

舐める電池

「アイスキャンディはいかがですかー!」
 夏真っ盛りのうだるような暑さの中、大公園の広場に、アイスキャンディ売りの声が響く。
 今日は朝から昼過ぎまでずっと、街の清掃ボランティアをしていたもんだから、汗だくだった。
 会社の休みに合わせて、たまには人の役に立つことをと思い立ち、もう若くない体に鞭打って、街中のゴミを片っ端から拾い集めた。
 その甲斐あってか、街は明るさを取り戻したかのように、輝いて見えた。
 達成感はあったものの、少しばかり無茶しすぎたようだ。
 ずっと前のめりに作業していたせいで、腰も痛む。
 喉もカラカラだった。
 家から持ってきていた水筒の中身もすでに空で、ちょうど喉の渇きを潤せるものを探していたことだし、たまにはアイスキャンディもいいかもしれない。
 そう思い立って、アイスキャンディ売りのカートをのぞいてみることにした。


「いらっしゃい!」
 カートに近づくと、元気な声で店主が出迎えてくれた。
 僕はチラリとカートの冷凍庫を確認する。
 好みの味があるかどうかを知りたかったからだ。
 しかし、カートの冷凍庫の蓋は霜がビッシリと生えていて、外側からは中のものがよく見えなかった。
 それでも、その真っ白なガラス蓋からは、カチカチに凍らされたアイスキャンディが想像できて、見た目に涼しげで購買意欲がそそられた。
「毎日、暑いね。こう暑いと伸びてしまいそうだよ」
 僕は店主に挨拶代わりの言葉をかける。
「ホントですねぇ」
 店主は、僕の言葉に相づちを打ちながらも、とても本心からそう思っているようには見えないほど、涼しげな顔で答えた。
「でも、なんだか、君はこの炎天下の下で、ずっと商売しているとは思えないほど元気だね」
 思ったことをそのまま口にすると、店主は満面の笑みを浮かべた。
「おっ! 嬉しいこと言ってくれますね、お客さん。実は、ここだけの秘密なんですけど、毎日、うちのアイスキャンディを食べてるからなんですよ」
「えっ? 自分のところの商品を自分で食べてるのかい?」
 いささか予想外だったので、思わず聞き返してしまった。
 しかし、店主はあっけらかんとした調子でこう続ける。
「そうなんですよ。だから、お客さんもうちのアイスキャンディを食べたら、みるみるうちに元気になりますよ」


「ははっ、なるほど。そういうことか。なかなか商売上手だね」
「ありがとございます」


「じゃあ、さっそく、その元気がでるアイスキャンディとやらを見せてもらおうかな」
「ええ、どうぞどうぞ!」
 店主は嬉しそうな顔をしながら、カートの冷凍庫の蓋を開けた。


「なんだ、これは!?」
 冷凍庫の中身を見た瞬間、僕は驚きのあまり目を丸くした。
 冷凍庫の中にあったのは、色とりどりのアイスキャンディではなく、様々な種類の電池だった。


「アイスキャンディなんか、ひとつもないじゃないか!」
 どういうことかと店主に詰め寄ると、店主は信じられないようなことを語り出した。


「いえいえ、これはれっきとしたアイスキャンディですよ。嘘だと思うなら、おひとつ試しに舐めてみて下さい」
 店主は冷凍庫の中から適当な電池を取り出すと、慣れた手つきで透明なパッケージを開け、中身を半信半疑の僕の手に乗せた。


「さあ、どうぞ! キンキンに冷えていて、甘くて美味しいですよ」


 僕は手の平の上で転がっている電池に視線を落とした。
 どうやら、単四電池のようだった。
 さきほどまで冷凍庫でキンキンに凍らされていたため、電池は白い冷気をゆらゆらとまとっている。
 実際、氷のような冷たさだった。
 恐る恐る、舌を近づけてみる。
 ヒンヤリとした冷気が鼻先に触れた。
 ペロリ、と電池の表面を舐めた瞬間、体に電流が走った気がした。
「うわっ!?」
 慌てて体を仰け反らせる。
 店主の方を見ると、店主は笑っていた。


「どうです? 甘かったでしょ? なんだか元気がでてきたような気がしませんか?」
 脳天気そうな口調に、なんだか腹が立ってきた。
「なにを言っているんだ! 甘いかどうかなんて感じる暇もなく、ビリッときたぞ! 危うく感電しそうになったじゃないか」
 怒りのあまりに文句を言ったが、店主は涼しい顔でさらに驚くことを口にした。


「まさか、感電なんてしやしませんよ。電流が走ったように感じられたのは、お客さんが電池を舐めることによって、充電されたからです」
「充電!?」


「ええ、そうです。この電池型のアイスキャンディは、舐めた人に電気じゃなく『元気』を充電する、画期的な商品なんです」
 店主が自信満々で続ける話の内容に、僕はポカンとしてしまった。
「まさか、そんな……」
「大丈夫、最後まで舐めてみればわかりますよ」


 僕は手にしている電池を、しばらくしげしげと眺めた後に、覚悟を決めて口に放り込んでみた。
 やはり、最初はビリッときたものの、身構えていたせいか、前ほどの驚きや、不快感はなかった。
 ヒンヤリとしていて、甘く、ときおり思い出したかのようにビリッとする。
「うむ、これは……」
 しばらく舌の上で転がしているうちに、最初は不快だったビリッとした刺激が、なんだか心地良く感じられてきた。


「ううむ」
 ほどなくすると、思わずうなり声が漏れてしまうほどの心地良さが襲ってきた。
 とろけるような甘さと、火照ほてった体全体が冷やされていく感覚、脳がリフレッシュされていくようなピリピリ、ビリビリとした電気刺激の快感。


 舐め終わる頃には、すっかり元気を取り戻していた。
 猫背気味だった背中もシャンとなり、体中がエネルギーで満ちあふれているようだった。


「すごい! 青年時代に戻ったかのようだ!」
 ガッツポーズをしながら、喜びを店主に伝えると、店主も我がことのように喜んでくれた。
「そうでしょう、そうでしょう! 今のは単四電池で、充電されるエネルギー量は少なめだったんですが、どうやらお客さんにとっては効果抜群だったみたいですね」


「これでエネルギー量が少なめなのか!?」
 なんてすごいんだろう。
 僕は素直に感心してしまった。
 確かに、僕が舐めたのは単四電池で、ここにある中では1番小さなやつだった。
 そうだとすると、もっと大きなもの、例えば、単一電池とかを舐めたら、いったいどうなってしまうのか?
 がぜん興味が湧いてきた。


「なんだか全種類舐めてみたくなったよ。単一電池と、単二電池、単三電池をひとつずつもらおうかな」
「はい! 毎度あり!」
 店主がにこやかに、袋に入れた商品を手渡そうとして、ふと、僕の口元に目をやった。


「あれ、お客さん、ちょっと舌を出して見せてくれませんか?」
「ええっ!? こ、ここでかい?」
 唐突な申し出にどぎまぎする僕に構うことなく、店主はレジ台の上に置いてあったらしい手鏡を持ち上げて、僕の顔を映した。


「ん?」
 僕は自分の唇に、なにやら違和感を覚えて、鏡を覗き込む。
「赤く、光っている?」
 間違いない。僕の唇はボンヤリと赤い光を放っていた。


「はい、舌も出して映してみて下さい」
 店主に言われるまま、僕は急いで舌を出し、鏡に映る自分の舌を確認する。


「こっ、これは!?」
 驚くことに、舌全体が暖かな黄色味を帯びた、電球のような光を発していた。
 さらに、舌の真ん中には、なにやらくっきりと緑色の文字が浮かび上がり、ピカピカと点滅している。


 その文字を確認した店主が、威勢良く、こう叫んだ。
「おめでとうございます! 当たりました! お好きなのを、もう1本どうぞ!」

「ショートショート集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く