ショートショート集

月夜野 星夜

都市伝説の赤井さん

 僕の町の小学校には、今流行りの「都市伝説」がある。


 どしゃ降りの雨の日には、絶対に子どもひとりだけで、出かけてはいけない。


 『赤井さん』に出会ってしまうから。 


 赤井さんは、小さな女の子の姿をしている。


 赤井さんは、真っ赤なレインコートを着ていて、真っ赤なフードで顔をスッポリと隠してる。


 赤井さんは、真っ赤な傘をクルクル回して、鼻歌を歌いながら、真っ赤な長靴でスキップしてやって来る。


 赤井さんに出会ってしまったら、赤井さんの真っ赤なお目々を見てしまったら、真っ赤で真っ暗な世界に連れ去られてしまう。


 そうして、そのまんま……もう決して戻っては来られない。


 以上が、『赤井さん』の都市伝説の内容だ。


 これを友人から聞かされたとき、僕は「嘘だ」と笑った。


 だって、おかしいじゃないか。赤井さんに出会っちゃった人たちが、みんな連れ去られたまんまなら、誰が赤井さんの話を語れるのか?


 だいたい、真っ赤で真っ暗な世界って、いったいなんだよ?


 ほらね。みんな、くだらない嘘に騙されてるだけだ。


 僕は、集団で帰ろうとしている臆病なクラスメイトたちの方を、見下すように一瞥いちべつすると、そのまま、どしゃ降りの雨の中へと駆け出した。


 明日も元気に登校して、みんなに「都市伝説なんて嘘だ」ってことを証明してやる。


 僕は地面全部が水溜まり状態のみちを、バシャバシャと水しぶきをあげながら走った。


 ……それにしても、すごい雨だな。空も薄暗いし、大粒の雨で景色が煙って、前が全然見えないや。


 なんか、走り疲れてきた。少し休もうかな……。


 うん、そうしよう。


 僕は立ち止まって、息を吐く。


 吐いた息が、うっすらと白い。


 どうやら、気温が下がってきているらしかった。


 体全体がびしょ濡れなうえに、走ったせいで汗をかいてしまった。


 なんだか風も強くなってきたし、とても寒い……。


 僕は両腕で、自分の体を抱きしめるようにしてさすった。これで少しは、暖かくなるかな?


 そのとき、遠くの方からなにかが聞こえた気がした。なんだろう? 


 雨音でよく聞き取れない。


 確かめるために、もっとよく耳を澄ましてみる。


 ……~……~……~……♪


 ン~……♪ ン~……♪ ン~……♪


 途切れ途切れに聞こえてくる音……いや、小さな女の子のような、かん高い……声?


 それは、なんだか歌のリズムのようで、僕の後ろから聞こえてくるみたいだった。


 ……まさか!


 僕はゾッとして、思わず振り返る。薄暗いどしゃ降りの雨の向こうから、小さな子どもらしき人影が、こっちに近づいてくる!


 は、鼻歌を歌いながら、パシャッ、パシャッとスキップで、地面の水溜まりから水しぶきを撒き散らしていた。


 レインコートを着ているらしいのに、傘までさしている。


 ……全身が赤い……?


「う、嘘だろ!?」


 正直、傘をクルクルと回しているかどうかなんてわからない。それでも僕は一目散に駆け出した。


 それなのに……僕は、すぐさま横断歩道の赤信号に引っかかってしまった。


 後ろからは、の鼻歌が迫ってくる!


 なかなか、青に変わらない。どうしよう……? 幸い車は来ていないみたいだった。


 ええい! 僕は決心すると、赤信号の横断歩道へと飛び出した。


 クスクスクス……ウフフフフ……!


 え? 今、赤信号がまばたきして、笑った……?


 思わず身がすくんだ、その瞬間、僕の体は真っ赤なワゴン車に跳ね飛ばされていた。


 アッハハハハハハッ…………!


 どこからともなく聞こえてくる、少女の高笑いが、どしゃ降りの空に響き渡る。


 グニャリとゆがんだ視界の中で、全身を真っ赤なコーデで染め上げた少女が、全身血まみれの僕の体を見下ろしていた。


 ニヤリと笑ったその口は、まるで昔の都市伝説に出てくる『口裂け女』みたいだった……。


 ……暗い。ここはずっと真っ暗だ。ここは、赤井さんの体の中……。


 赤井さんの切り裂かれたような横一文字の口から、わずかに射し込んで来る日の光以外は、なにもない。


 いや……もうひとつあるか。


 それは、封筒やハガキの山だ。


 僕が赤井さんの体内に飲み込まれてから、何週間が過ぎただろう……?


 いつものようにボンヤリと膝を交えていたら、赤井さんが、体内の僕に話しかけてきた。


「クスクス……私ね、今日、あなたの家の真っ赤な郵便受けに、手紙を出してきたの。どんな内容だったか知りたい?」


 別に……と、素っ気なく答える僕に、赤井さんは笑った。




「フフフ……本当は、知りたいくせに。ねてるの? クスクス……ほら、こんな内容よ」


『あなたの息子は、今、私の中にいる。


 もしも、取り返したいと願うなら、あなたたちの気持ちを込めた手紙を持って、私の元へとお出でなさいな。
 今はもう、誰からも忘れ去られてしまった、赤井より』


 そう、赤井さんとは、僕の町の片隅にある、古びた円柱形の、真っ赤な郵便ポストだったのだ。

「ショートショート集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く