神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

七十四





 その通路を駆ける音は、ミレイの寝室の扉の前で止まる。
 すると突如、扉が開かれた。
 「ミレイ、大変なんだ!」
 そこにいたのはシングで、酷く息を切らした様子だった。

 「なっ······どうしたのよ、そんな慌てて?」
 「大変なんだよ! 聴いてしまったんだ······又、ディザスターが現れたって!」
 その言葉で、ミレイは顔色を変える。



 支度を整えたミレイ達五人は、国王のいる大広間に集まっていた。
 「で、どうゆう事よ? ディザスターが又現れたって?」

 「そうくな、ミレイ・リィンザー。その事なんだが、ディザスター、ヒュドラが現れた。又、お前等の力を貸して貰うぞ」
 国王は、思案するような表情をしていた。

 「当然、倒すわよ。······にしても、その顔は何? まだ、何かある訳?」
 国王は、視線を向けるが中々、答えない。
 そこで、魔法使団長のレナードが発言する。
 「その事ですが」

 「良い、レナード。俺から伝える」
 ようやく、国王が声を発した。
 「ハッ······」
 「さて······率直に言おうではないか。どうやら、アルドーク帝国の軍も侵攻してきていてな」

 反応は様々だが、五人は驚く。
 「しかも、ディザスターと共に行動しているらしい」
 「本当なんですか? ディザスターと一緒に行動を? 帝国にとっても、ディザスターは敵なはずでは······」
 シングは、信じられないといった様子だ。
 「残念ながら、今までの現れたディザスターも帝国の仕業だろうな。現に、ディザスターと同位置にいて、戦いになってないのが、その証拠だ」

 暫し、重い静けさが続く。



 ふと、ミレイは片方の手のひらに、拳を打ち付けた。
 パァンッ! と音が響く。
 「でも、チャンスじゃない。ようやく、帝国の悪事が分かった訳だし。倒すだけよ」
 するとシングが笑う。
 「ミレイらしいね。そうだね、帝国軍を倒そう」
 「リアも手伝うのです!」
 アイリスも上品な声で。
 「でしたら、私も力添えさせて頂きます」
 「オレもやってやらなくもねぇ」
 ヴェルストのやる気のない言葉に、ミレイは。
 「どっちよ!」






 ◇
 太陽は東から真南に達していた。
 王国軍などの準備も整い、都の門の外に揃っている。
 ミレイ達も軍用の馬車に乗っていた。

 「では、全軍出発!」
 指揮官の声が響く。

 「いよいよね」
 「うん、そうだね」
 「なのです!」
 「はい」
 「······」ヴェルストは、欠伸をしている。
 「敵はヒュドラと帝国! やってやろうじゃない!」
 ミレイは、勢いのある声を響かせた。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く