神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

五十九





 ミレイは一瞬、シングにどう話し掛ければいいか戸惑う。
 だが、すぐに声を掛けようとする。
 「ミレイ、僕は······」意外にも、シングの方から、喋ってきた。
 「何?」
 「まよ······いや······何でもないよ」
 シングは言い掛けて、やっぱり話すのをやめる。

 静かな雰囲気に包まれた。音がするのは、鳥の鳴き声等だけ。



 程無くしてミレイは、話を切り出す。
 「ねぇ、覚えてる? 数年前、あんたがあたしを助けてくれた事······」
 「······覚えてるよ」
 シングは辛そうに答える。
 「ヴィンランド国の宴からの帰りで、野盗に襲われて······あんたが守ってくれたのよ。『ミレイに手は出させない!』って」
 ミレイはそう話しながら、歩いていき、シングの横に座り込んだ。

 「······」シングは暗そうな表情を見せる。
 「だから、あんたが何で悩んでるのか知らないけど、あたしが支えるから······今度は······」
 「だったら······も······めて······れ······い······な······」
 「えっ、なんて······?」
 「もう、止めてほしいんだ······支えるとか」
 ミレイは、シングが何故そんな事を言うのか、理解できない。
 「なんでそんな事言うのよ······?」
 疑問に思い、問うが。

 「ミレイはさ、もう僕より強いんだよ······守れない位······」
 「······そ、そんな事」
 「そうなんだよ······。僕はミレイより弱い······だから、もう無理なんだ」
 シングは何処か、辛そうに表情を歪めている。
 彼女に、こんな事を言う罪悪感からか、又は自分自身の情けなさが理由なのか。
 もしくは、その両方か······。

 シングはふと、彼女の方を一瞥する。すると驚きの表情を見せる。
 ミレイが、目尻に涙を溢れさせていたからだ。
 「そんな事言わないでよ······」
 「ミレイ······」
 「あんたは······半年前だって、三人の帝国兵にあたしが襲われそうになった時······助けてくれたじゃない······。だから、あたしだって、あんたを助けたい」
 ミレイはそこで、シングに寄り添うようにくっつく。
 「そう思うのは当然じゃない······」
 ミレイは最後に、一言そう添えた。 

 すると、シングは暗い表情だが、真剣に何かを考え始めたように見える。



 どの位の時が経ったのだろう?
 ミレイにとっては、長いものに思えた。実際は、そんなに経過していないのだが。

 程無くしてシングは軽く笑う。
 「ははっ······そうだったんだ······」
 ミレイは、その様子を見て疑問に思った。「······?」
 シングは、真剣な眼差しで彼女を見据えると話し出す。
 「僕はさ、ミレイより強くないと君を守れないんだと思ってた······。でも、そうじゃない」
 シングはそこで、両腕を回し彼女を抱き締めた。
 そのまま、続きを言い始める。
 「ミレイの隣で······一緒に守り合えば良かったんだ。······ミレイ、今まで心配かけてごめんよ」

 「そう······良かったわ······」
 ミレイは何処か素っ気ない。何故なら、シングに抱き締められているからだ。
 彼女の顔は、照れとどきどきから、朱色に染まっていた。
 「それより······放してほしいんだけど······?」
 「どうしてさ?」
 「······」ミレイは黙ってしまう。
 「訳を言ってくれれば放すよ」

 そのシングの言葉に、ミレイは無言のままだ。
 (······理由を言うなんて、そんなの無理よ······でも、思い切って······。いや、でもやっぱり、それは無いわ······)
 その時ふと、脳裏にリアの言葉が浮かぶ。『戦いの時のミレイさんは、とても強いです······いつも、全力で······』
 (······やっぱり、弱気なんてあたしらしく無いわね。決めたわ)

 「······じゃあ、言うわよ。あたしは、あんたが好きなのよ······」
 その言葉にシングは、信じられないといった表情をしている。
 思わず聞き返す。
 「今、なんて······?」
 「だから、シングの事が好きって言ったのよ! 二度も言わせないでよ!」
 ミレイの顔は、最高潮までに真っ赤になっていた。
 「ミレイ、僕も好きだよ」
 シングはそう言って、両肩を掴むと、彼女の口先に自分のを重ねる。



 暫くしてシングは、口を離した。
 ミレイは、言葉を失っている。

 心地良い静かな時が、僅かばかり流れ。
 それからミレイは、慌てた様子で質問する。
 「で、でも、前にあんた、好きな人がいるって······」
 シングは、溜め息をつくと答える。
 「ああ、それはミレイの事だよ。やっぱり、気付いて無かったんだね」
 「そうだったのね······」
 ミレイは安心したのか、体の力が抜けた。



 時が、少しばかり経過した。

 「それじゃあ、行こうか」
 「そうね。アジ・ダハーカを迎え討ちに······」
 二人は立ち上がり、皆のいる森の外へと歩きだした。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く