神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

四十三





 シングは時間稼ぎの為、キマイラと戦っていた。

 キマイラの牙が迫る。シングは、横にかわして、その後走り出した。
 そのまま駆けながら、キマイラの前肢を鋭光の槍で切りつける。
 更に走って、後ろ脚も狙う。
 だが。

 キマイラの蛇の尾が勢い良く迫り、顔面を叩かれた。
 シングは、衝撃で後ろへ転がっていく。仰向けに止まると、体勢を変えたキマイラの前肢が頭上から迫る。
 シングは転がって、踏み潰されるのを回避する。
 そこへ又、キマイラは踏み潰そうと前肢を下ろしていく。

 「くっ!」
 シングも又、転がってかわした。
 すぐさま、彼は起き上がろうとする。だが、キマイラはしつこく、踏み潰そうと前肢を勢い良く下ろす。
 「又か!」
 シングはかわす為に転がった。
 そこへ又、キマイラの前肢が下ろされる。
 シングは更に転がった。
 キマイラも又、踏み潰そうとする。

 際限なく続きそうだと思われたが、魔法使団の者達により、キマイラへ魔法が放たれる。
 魔法を受けると、キマイラは吠えて魔法使い達をじろりと見た。
 すると、魔法使い達の一部が怯えた表情を見せる。
 「お前の相手は僕だ!」
 シングは、鋭光の槍を両手で構え声を上げる。「穿て!」
 声と同時に、槍の先端から光子状の棘が伸びていき、キマイラの首を貫いた。
 「はぜろ!」
 更に、光子状の棘から無数の棘が生えて、キマイラの首を内部から咲き貫く。

 傷を負って、怒りの余りキマイラは、咆哮を上げる。
 その様子を見てシングは、光子状の棘を消して次の行動に備えた。
 「僕は強くなくちゃいけないんだ······! じゃないと······ミレイを守れない······から」
 キマイラが向かってくる。次に前肢の爪でシングに襲い掛かる。
 シングは左にかわして、すぐに槍で前肢の側面を切りつけていく。
 雄叫びを上げながら。

 シングは切りつけるのをやめ止まる。
 「どうだ!」
 その直後、キマイラの前肢の側面から剣や槍が生えた。
 恐らく、今までに吸収した武器だろう。
 その生えた剣や槍がシングに傷を負わせる。
 「ぐっ!」
 傷を負ったのを見て、神官達が杖を前へ掲げた。「ヒール!」
 シングの体が明るい光に包まれる。すると、みるみる傷が治っていく。

 だが、キマイラは更に行動を起こす。
 その口を大きく開けると、剣や槍等を射出したのだ。
 複数の武器がシングに襲い掛かる。
 彼は咄嗟に、横に転がって回避した。
 かわしたかのように見えたが、一本の槍が左上腕に突き刺さる。
 「なっ!?」
 一瞬、動揺してシングの動きが完全に止まった。
 すぐに体勢を整えようとするが。

 判断が一瞬遅い。
 キマイラの獰猛な牙が間近に迫っていた。
 シングは、死を間近にして、ぎゅっと目を閉じる。
 「僕は、まだ何も出来ていない······だから、まだ······」

 「そうはさせないわ!」
 その時、光の斬撃らしきものが曲線を描いて飛んでいき、キマイラの胴体を切りつけた。
 「あたし達が来たからには、あんたの好きにさせないわよ!」
 そう声を上げて現れたのは、ミレイ。
 背後から、続いてヴェルスト、リア、アイリスも姿を現した。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く