神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

四十





 「まだ、まだよ!」
 ミレイは、ホーリー・ウォールの無い相手側面に、回り込もうと駆け出す。
 だが、アイリスはそうさせない。
 「我が敵に聖なる衝撃を加えよ、ホーリー・ショット!」
 幾つもの光球がミレイに当たっていく。
 それでも、ミレイは立ち上がり又、走り出す。
 アイリスも又、詠唱をし聖法術の名称を叫ぶ。「ホーリー・ショット!」
 再び、複数の光球が向かってくる。

 ミレイは、頭部を両腕で庇いながら、なおも駆けていく。が腹部に幾つか命中した。「うっ!」
 その衝撃で膝をついてしまう。

 アイリスは、うんざりしたように溜め息をつく。
 「いい加減、諦めたらどうですか?」
 「何言ってるのよ? まだよ!」
 ミレイは、側面に回り込もうと駆け出す。
 アイリスも詠唱をし、幾つものホーリー・ショットを放つ。
 ミレイは、ホーリー・ショットを幾つか回避しながら、向かっていく。が、やはり残りが一斉に命中し、衝撃で後ろに飛ばされた。

 「くっ!」
 地面に倒れたミレイは、手をついてすぐに立ち上がる。
 「まだよ!」
 「······どうして、そこまでするんですか? 貴方には得がないのに······」
 アイリスの問い掛けに、ミレイは答える。
 「決まってるじゃない。シェインの覚悟に共感したからよ!」
 「もし、神聖具を創って、シェイン様が命を落としてもですか? それでも同じ事が言えますか?」
 アイリスがそう質問した所で、シェインが声を上げる。

 「もう、いいよ! ミレイの姉ちゃん······」
 「何がいいっていうのよ?」
 「僕が我慢すればいいんだ······」
 「シェイン! あんたが諦めてどうすんのよ! さっき言った覚悟は、気持ちは、簡単に抑えられるものだっていうの!?」
 ミレイの問いに、シェインは唇を噛み締めて、押し黙った。
 「あたしは諦めないわよ! 何度だって、やってやるわ!」

 「もういいでしょう······そろそろ終わりにします」
 アイリスは聖法術の詠唱を口にしていく。
 「我が敵に聖なる衝撃を加えよ······」
 すると、先程より多い無数の光球が展開される。
 「上等じゃない······」
 ミレイは全速力で駆け出す。
 「ホーリー・ショット!」
 アイリスがそう叫ぶ共に、光球が時間差で放たれていく。

 光球がくる頃合いを見て、突然ミレイは、走る軌道を周囲の人だかりに変えた。
 「何を!?」
 アイリスは、口を開いて驚いた。
 次にミレイは、力強く大地を踏み、木に向かって跳躍する。
 更に、樹木の側面に一瞬足をつけると、ありったけの力でアイリスの上空へ跳んだ。
 落下しながらミレイは、右足を高く上げる。
 アイリスは避けようと、横に動いていく。
 次の瞬間、ミレイの踵落としが地面を砕いた。草や土、石が、宙に舞う。

 舞った破片が落ちた時。「終わりです」アイリスは、金属製の杖を振るう。
 咄嗟にミレイは、潜り抜けるように転がってかわした。
 「あんたが、ね」ミレイは、体を起こしつつ、相手の腹部へ掌底をかまそうとする。
 アイリスは避けようとするが、すぐさま迫っていき、斜め下からの掌底打ちが決まった。
 「そんな······!」
 アイリスは、か細くそう呟くと、倒れていった。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く