神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

二十五





 日が沈んでからかなり経った頃。一隻の船が海上を進んでいた。
 船上を照らす月は出ておらず、濃灰色のうはいしょくに空は覆われている。
 その闇夜に紛れ、船上の端で会話する二つの影があった。

 「······で、上手く入り込めたんだろうね?」
 そう問うのは、年上っぽさを感じさせる女性の声だ。
 「ああ、問題ねえ······助けもあったしな」
 問いにそう返したのは、気だるげそう男の声だった。
 「それなら良いが······あんたはなんか心配なのさ······」
 女性は、溜め息を吐く。
 「てめえに心配される必要はねえ」
 男がそう言うと、突如、遠くから彼を呼ぶ声がした。
 「話はここまでみてぇだな······。じゃあな」
 「分かったよ······又、呼びな」
 女性がそう言うと、いつの間にか一つの影は消えていた。



 「ヴェルスト! こんな所に居たのですね!」リアは駆け寄るなり、そう話し掛けた。
 「ああ······で、何のようだ?」
 ヴェルストの言葉に、リアはハッと思い出す。
 「そうでした! 大変、大変なのです! 信書が盗まれたのですよ!」
 「あっ? 信書がか?」
 「とりあえず、付いて来てなのです!」リアは、ヴェルストの手を引っ張って、歩き出した。



 船内の通路にて、ヴェルストを連れたリアと、ミレイ、シングは合流する。
 「で? 信書が盗まれたって聞いたが?」
 ヴェルストの言葉に、シングが答える。
 「うん、寝てる時にね。立て掛けていた神聖具が倒れなかったら、気付かなかったと思う······。それにしても、信書を盗られるなんて······」
 気落ちするシングを見て、ミレイは発言する。
 「大丈夫。そんなに経ってないし、相手は船から出てないはずよ。一人ずつになって探すわよ」
 「ったく、めんどくせぇな······」
 ヴェルストは、後頭部を手で掻く。
 「絶対捕まえるのですよ!」
 リアは意気込む。

 四人は早速、別れて探すのだった。



 ミレイは、通路に気を配って進む。
 次に、部屋への扉を見付けると、開いて室内を確認していく。
 すると、何回か室内を確認していく内に、あるものを見付ける。
 ミレイの手に持つランタンに照らされたあるものとは、血溜まりに倒れていた王国兵らしき人だった。
 「酷いわね······これをやったのは、もしかして······」
 更に室内を見渡すと、違和感を覚える。

 (何かが······? ······そうよ)
 ミレイは、室内にあるはずの、王国兵の鎧が無くなっている事に気付く。
 (だとしたら······信書を盗んだ奴は、王国兵士に成り済まして······)
 「どうしました?」
 ミレイは王国兵に、背後から肩を叩かれて、話し掛けられた。
 「大変よ! 信書を盗んだ犯人は、王国兵士に紛れているかもしれないわ!」
 「そりゃ、大変じゃないですか!?」
 王国兵は驚愕する。
 「だから、急いで指揮官を呼んできてほしいのよ」
 ミレイの言葉に、王国兵は敬礼する。

 「了解しました! 呼んできます!」
 ミレイはそこで、ある事に気付いた。
 「あんた、ちょっと待ちなさいよ!」
 「どうしました?」
 王国兵は立ち止まる。
 「あんた、なんで鎧着てるのよ?」
 「どうゆう事ですか?」
 「とぼけなくて良いわ。信書が盗まれた後、兵士の人達に命令があったと思うけど······」
 「はい? それがどうしましたか?」
 「急な命令で、手間のかかる鎧を着用してる人はいなかったのよ。なら······鎧を着てるあんたが、信書を盗んだ犯人よ!」

 ミレイの言葉に対して、王国兵士は黙り込んだ。
 暫くして、笑い声を上げる。
 「こりゃ、やられたっすね。こんな、お嬢さんにばれるとは······笑いが止まらないね」
 「あたしにばれたからには、観念するのね! 大人しく捕まりなさい!」
 ミレイは、背中の大斧を手に持ち、相手に向かっていく。

 盗人は、丸い何かを床に投げて、煙幕で目眩ましする。
 ミレイは咳き込み、手で口を塞いだ。
 「それじゃあっす!」
 「なっ、待ちなさいよ!」
 煙は徐々に薄れ、完全に霧散した時、盗人の姿は遠くにあった。
 盗人は、通路の突き当たりを左に曲がっていく。
 「やられたわ······待ちなさい!」
 ミレイは早速、追う。



 追い掛ける中でミレイは、ヴェルストが盗人の前方にいる事に気付いた。
 「ヴェルスト! そいつが犯人よ!」
 「あっ?」ヴェルストは目をしかめる。
 「どくっす!」
 盗人は、ヴェルストにナイフを投げ付ける。その二、三本のナイフを、ヴェルストはかわした。
 その隙に盗人は、横を擦り抜けていく。
 ミレイは、ヴェルストに駆け寄ると、文句を言う。
 「ヴェルスト、あんた······止めなさいよ!」
 「仕方ねぇだろ······それより、追わなくて良いのかよ?」
 「そうよ、あんたを相手にしてる場合じゃないわ!」
 ミレイは再び、追うために走り出した。ヴェルストも、加わって付いていく。



 「おい、牛女······あの盗人は只の盗人じゃねえぞ」ヴェルストは走りながら、ミレイに話し掛けた。
 「どうゆう事よ······?」
 「そんな事もわかんねぇのか······良いか? 鎧を着ていても、あの身のこなし······訓練されている動きだ」
 ヴェルストは、そこで一拍置くと、続きを話し出す。
 「つまりだ······あいつは、他国に雇われているか、他国の密偵の可能性がたけえ」
 「他国の······? もしそうなら、大変じゃない······」



 二人は会話をしている内に、船上に出ていた。
 盗人が、船の先端に向かって駆けていくのが見える。
 その様子を見て、二人は追い掛けるが、次の相手の行動で立ち止まった。
 何故なら、信書らしき物を手に、海の上へ掲げたからだ。
 「止まるっす! それ以上近付けば、この信書がドボンっすよ!」
 「なっ!」
 「ったく、めんどくせぇな······」
 ミレイは緊迫感のある表情を見せ、ヴェルストは舌打ちをした。

 そんな中、突如、間の抜けた声が響き渡る。
 「ヴェルストにミライさんではないですか! それに兵士さんも!」
 リアは次に、何かに気付いた顔を見せる。
 「兵士さんが持ってるそれは、信書ではないですか! 見つかったのですね!」
 リアは犯人とは知らずに、盗人に近付いていく。
 すると盗人は、近付いてきた彼女の首元を、がっちり掴まえてナイフを突き付ける。

 「動くんじゃないっすよ! 動けば、この女から血がビューっす!」
 その言葉にリアは、声を上げる。
 「ビューは嫌なのです! ミライさん、ヴェルスト、助けてなのです!」
 「ったく、あの女······」
 ヴェルストは髪をくしゃっと手で掴む。
 「どうするのよ? あれじゃ手が出せないわ······」
 ミレイの言葉に、ヴェルストは答える。
 「そんなの決まってんだろうが······」
 「まさか、盗人を逃がす気な訳?」
 「まあ、見とけ······こうするんだよ!」

 ヴェルストはそう言うと、ダガーナイフを手にして構える。
 「ブースト」
 ヴェルストの全身を光が包んだ。
 「ウィンド・エンチャント」
 更に、彼の持つダガーナイフを風が纏う。
 「なっ!? 攻撃してきたら、この女がビューっすよ! 分かってるんすか!?」
 盗人は、声を上げて脅した。
 「そうよ、ヴェルスト! 攻撃したらリアが!」
 ミレイは止めようとする。
 「んなの分かってんだよ······だがな、信書を奪われたまま逃走されるより、ましだろうが」
 ヴェルストは、ぐっと力を入れて盗人へと駆けていく。

 「やめて!」ミレイは、手を伸ばして制止しようとするが、間に合わない。
 「そんなのごめんすよ!」
 盗人は、リアを突き飛ばして、海目掛け信書を投げた。
 「取れるもんなら取ってみろっす!」

 するとヴェルストは、信書を取るため海に向かって跳ぶ。

 「······ははっ、バカじゃないっすか?」盗人はそう言って、海を覗き込んだ。

 「馬鹿はてめぇだ······盗人が······」
 不意にヴェルストの声が響く。
 「なっ······!? そんな······!?」
 盗人は、目を疑った。
 海に沈んだであろう彼が、宙に浮いていたからだ。
 ヴェルストは、更に上昇してミレイとリアの前に姿を現す。
 「計算道理だ······てめぇが、リアを突き飛ばすのはな。まあ、予定外のおまけが付いてきたが」
 ヴェルストは、ひらひらと信書をかざす。

 「飛行魔法なんて······そんなん······」
 盗人は、愕然としていた。
 「観念するのね」
 ミレイはその言葉と共に、盗人を押さえ付ける。



 船上に、指揮官や王国兵士数名が集まっていた。シングも、犯人が捕まったと聞いて、この場に来ている。
 「それでは、後はこちらで尋問しますので」
 指揮官は、ミレイ達にそう言った。
 次に、部下の兵士達に向かって、そいつを連れてけと指示する。

 事が済んで、ミレイは安心し、リアは明るい表情を、ヴェルストは欠伸をし気だるそうにしていた。
 そんな中、シングは浮かない表情をしていたのだった。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く