神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻

十四





 ミレイとシングは、今、街中にいた。
 勿論、二人だけではない。リアもいる。
 リアは先頭を切って歩きながら、二人に話し掛けていた。
 いや、主にシングに対してだ。

 「あそこの店は、シチューが絶品なのですよ!」
 リアは、右斜めの食事処を指差して、目を輝かせる。
 「それに左向かいにあるスイーツ専門店が、又、美味なのです~!」
 リアは更に目を輝かせて、頬に手を添えた。

 「さっきから、あんた、食べ物の話ばかりじゃない。他に言うことはない訳?」ミレイは冷たく言い放つ。
 「この国、特に王都は食べ物等が美味しいことで有名なのです。それを差し置くことはできません!」
 リアはそこまで言うと、人差し指をミレイに向ける。

 続けて、彼女は話し出す。
 「それにミライさんには話してません! シングさんに話してるんです!」
 「なっ!? あんた、失礼よ! それに、あたしの名前はミレイ・・・よ!」
 「失礼なのはミライさんです! なんで、リアに強く当たるんですか!?」
 「それはあんたが······」
 「もしかして、ミライさんもシングさんのことが!? 許嫁って言ってましたし······。うう、恋のライバルなのです······」

 「何言ってるのよ!? あたしは、こいつのことなんか好きじゃないわ!」
 ミレイの頬が微かに染まる。
 「そうなのですか?」
 リアのその問いに、ミレイは答える。
 「そうよ! 許嫁なのも親同士が決めただけで、あたしがこいつを好きって訳じゃないわ!」
 「そうなのですね。ではなんで、リアに冷たいのですか?」
 「それは······」
 ミレイは言葉に詰まった。

 だが、すぐに声を発する。
 「それは、あんたが気に入らないからよ!」
 「ミライさん、ひどいです! そんな理由だったなんて······。やっぱり、ミライさんは失礼です!」
 リアは、人差し指をびっとミレイに向ける。
 「何言ってるのよ! あんたの方こそ、失礼じゃない!」

 ミレイがそう言うと、シングが間に入ろうとする。
 「あの······二人とも」
 それでも、気付かずにミレイとリアは言い争う。
 「失礼なのはミライさんです!」
 「あんたの方よ!」
 「ミライさんです!」
 二人の言い争いが、闘争に発展しかねない程、激しくなった所でシングは間に割って入る。

 「あのさ、二人とも! 喧嘩はそこまでにしよう」
 シングはそう言うと、次にミレイの頭をこつんと優しく叩く。
 「ミレイ、言い過ぎだよ」
 「なっ! あんた、この女の肩を持つの?」
 「そうゆう訳じゃないよ。それに、リアさんも言い過ぎだ。ほら、互いに仲良くしよう。仲間なんだし」

 「シングさんが言うなら、仕方なしです。それとリアさんではなく、リアで良いのですよ」
 リアは、シングの手を両手で握る。
 「それなら、僕のこともシングで良いよ。さっきも言ったけど、仲間なんだし」
 二人が仲良く話している中、ミレイは呟く。
 「あたしは······ごめんだわ······。仲良くするなんて······」
 するとミレイは突如、走り去ってしまう。

 「ミレイ!?」
 すぐ気付いたシングは、「リア、ごめん! ミレイを追うから!」と駆けていく。
 「一人になってしまいました······」
 一人取り残されたリアは、そう呟いた。

 その一連の様子を眺めていた一人の男性がいる。
 鋭い目付きに琥珀色の瞳。
 「アイツらか······」
 どこか気だるそうに男性は呟くと、雑踏の中に消えていった。



 ミレイは、後ろから追い掛けてくるシングから逃げていた。
 「ミレイ!」シングの声が響く。
 ミレイは一瞬、ちらっと後ろを見る。
 「付いてこないで!」
 そう言うと、シングを更に振り切ろうと走る速度を上げた。
 シングも速度を上げる。が、人の波の中をミレイは、くぐり抜けていく。

 シングも人込みを抜けるが、その時には見失っていた。
 「ミレイ······。どうしたんだよ······」
 シングは息を切らしながら、立ち尽くしていた。


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く