神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻





 「それにしても角が生えるなんて······ありえないわ······」
 ミレイは少し、落ち着きを取り戻したようだった。が次は、気分が落ちていた。
 「なんで角が生えているのよ······」
 ミレイのぼやきに、シングは言葉を発する。
 「もしかしてだと思うんだけどさ。ミレイが気を失う直前、体内に赤黒い靄が入るのを見たんだ。それが関係あると思うよ」

 「そういえば、そうよ······! こんな事なら、あんたを庇うんじゃなかったわ」
 そう言うとミレイは、何か違和感に気付く。
 シングはその様子に気付いて、「どうしたのさ? ミレイ?」と問う。
 「何でもないわよ! それより、あっち向いてて!」 
 ミレイは、慌てた様子でそう返すと、人差し指をびっと向けた。

 シングは疑問のある表情をするが、「分かったよ」と従って反対に向き直る。
 すると、布地が突き破られる音が、微かに響いた。
 次に、布地が擦れる音がしてくる。
 突然、ミレイの声が響く。
 「なっ、何よ!? これ!?」

 「どうしたんだ!?」
 シングは、心配になって振り向こうとする。
 「こっち向かないでよ!」
 ミレイは、盾を投げ付けた。
 「うわっ! 分かったよ」
 再び、布地が擦れる音がしてきた。



 暫くして、その音は止んだ。
 「もう良いわよ」
 ミレイの許可がでると、シングは体の向きを変える。
 「ミレイ······? そ、その尻尾は······」
 シングは、ミレイを見るとすぐに気付いた。彼女のスカートの下から、短めな牛みたいな尻尾が伸びているのを。
 どうやら、先程の布擦れの音は、スカートの下の衣服から尻尾を出していたかららしい。

 「······言わなくても、分かってるわよ。二本の角に、牛のような尻尾······。これじゃ、まるで牛の亜人じゃない······」ミレイは、足の力が抜けて地面に座り込む。
 「ミレイ、落ち着いて。元に戻る方法があるはずだよ」
 シングは励ますが、その言葉は届いてないようだ。

 「取り込み中、悪いな」
 がたいの良い男が、ミレイとシングに話し掛ける。
 「こちらの副指揮官殿が、嬢ちゃんと坊主に用があるらしい」
 「悪いのですが、ミレイはこの状態です。都市に着いてからでは駄目ですか?」シングは、がたいの良い男の隣にいる副指揮官に、そう言った。

 「そちらのお嬢さんにとって、良い話なんですが。都市に着いてからでも構わないですよ」
 副指揮官のその言葉に、シングは反応する。「······良い話······ですか?」
 「ええ、お嬢さんのその状態を治せる方法について······です」

 副指揮官の言葉に、今度はミレイが反応する。彼女は、手を突いてゆっくりと立ち上がっていった。
 体を起こしきった時、声を発する。
 「······良いわ。話しなさい!」


「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く