神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻





 「坊主、やったな!」
 がたいの良い男が、近付いてきてシングの背中を叩く。
 ミレイも近くまで来ると、「あんたにしては、良くやったわ」と声を掛ける。
 「ミレイや皆のおかげだよ」
 シングは二人に向き直り、そう返す。

 その時、背後のミノタウロスの屍から、赤黒いもやが出てきた。かと思うと、瞬時にシングへ向かっていく。

 「危ない!」
 咄嗟にミレイは、赤黒い靄に気付いて、叫ぶと同時にシングを突き飛ばした。
 「うわっ!」
 シングは地面に尻餅を突く。
 「何を······!」そう言い掛けるとシングは、ミレイの体内に赤黒い靄が入っていくのを見た。

 「良かったわ······無事······ね」
 ミレイは、ゆっくりと後ろへ倒れていった。がたいの良い男がミレイを支える。
 「おい、嬢ちゃん! 大丈夫か!?」
 「ミレイ!」






 声が聴こえる。耳を澄まさないと、聴こえない程の声だ。
 声を頼りに、暗闇を進んでいく。
 すると、ふと、巨大な何かがうっすら見える。
 次第に闇に目が慣れて、その何かが明らかになった。
 巨大な牛頭の怪物だった。
 牛頭の怪物は、重く響く声で言う。
 「お前は······いずれ、我になるだろう」
 「どうゆうことよ!?」
 「その時、お前は我、我はお前になる」
 「ちょっと、無視しないでよ!」
 「この意味が······解る時が来る」

 牛頭の怪物は、最後にそう告げると、赤黒い靄に変わっていった。
 次の瞬間、ミレイの足にまとわりつく。赤黒い靄は次第に、腰、胴体、首を覆っていく。
 「いっ、いや!」
 やがて、顔まで覆うという所で、声が響いた。
 「ミ······レ······イ······」






 「······ミレイ!」
 ミレイは、目を開ける。
 目の前には、彼女の顔を覗いているシングがいた。かなり心配そうに見ている。
 「大丈夫? 大分、うなされていたようだから······。それに······」
 シングは、何かを言いづらそうにしていた。
 「ただ、いやな夢を見てただけよ。それに······? 何よ?」

 ミレイに問われたシングだが、それでも言いづらそうに、口をつぐんでいる
 暫く、無言が続き、ミレイは訝しがる。「何よ? 言いなさいよ」
 再度、ミレイに問われたシングは意を決する。
 「······今から、言うことに驚かないでほしい。ミレイの頭にある、それ・・なんだけど······さ」
 シングは、ミレイの頭部を指差す。

 「頭······? 何があるっていうのよ?」ミレイは、そこで気付く。
 髪だけではなく、何かの感覚があることを。
 ミレイは、自分の頭部をぺたぺたと触っていった。ふと、両手に当たる感触がある。
 「な、何なの!? これ!?」
 「ミレイ、どうやら······角が生えてるみたいなんだ」
 シングがそう告げると、ミレイは茫然とする。
 「う······嘘······でしょ?」
 みるみる、表情は色を失い、やがて愕然とする。

 「そんな······こんなのって······」
 次の瞬間、ミレイから叫び声が上がった。

「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く