神聖具と厄災の力を持つ怪物

志野 夕刻




 「······レ······イ」「ミ······レイ······」

 「······ミレイ!」

 少年らしき声をはっきり聞き取った時、樹木に寄りかかっていた赤髪の少女は、瞑っていた目蓋をすっと開ける。

 「何?」

 明るい赤髪の少女ミレイは、目の前の爽やかな印象の少年をじろりと見た。


 少年の髪は、短めで金色。前髪は右に八:二の割合で分けている。瞳は緑色だ。


 服装は、白のえり付きシャツに緑のベスト。黒のズボンを穿いている。

 鎧も身に付けており、着用しているのは胸当て、前腕まで覆った手甲。

 腰当ては左右非対称の形状、足には膝丈までの鎧を。


 茶色の帯のベルトは斜めに付けられており、左腰には鞘に納まった剣を下げていた。


 「何はないだろ。休憩は終りみたいだし出発さ」

 短めな髪の少年は、そう答えてミレイの準備を眺めながら待つ。


 ミレイは、両側で少し髪を結っており、後ろ髪は下ろしている。ミレイはその髪を軽く整えていく。それと真っ直ぐ下ろしている前髪も。


 顔立ちと体型は、十四歳位に見える。

 服装はインナーに、伸縮性のあるぴたっとした黒色の服を着ている。首元まで覆っておりノースリーブだ。

 丈は腹の上部までで、へそを出している。


 その服の上には、銀色の胸当てを着用。

 下半身には、白色のミニスカートに落ち着いた濃い赤のベルト。ミニスカートの下には、伸縮性があり、ぴたっとしている黒色の衣服を穿いている。

 丈は、太股までを覆った位だ。


 両手足にはグローブとショートブーツを身に付けており、共に色はキャラメル。


 ミレイは髪を整え終ると、立ち上がってミニスカートの後ろを両手ではたく。次に地面に置いていた、剣が納まっている鞘を左腰に、盾を左前腕に身に付けた。


 「さあ、行くわよ」

 ミレイは颯爽さっそうと鎧や武器を身に付けた集団へ向けて歩いていく。だが突然、足を止める。

 短めな髪の少年が付いてきてないからだ。


 「あんた、さっさと付いてきなさいよ!」ミレイは言葉を掛けるが、少年の反応が薄い。

 「······どうしたのよ、あんた?」

 さらに言葉を重ねたミレイに対して、少年はふと笑いをこぼす。

 「いや、ミレイは強くなったなと思ってさ」

 「あんた、バカにしてるの?」ミレイは微かに、頬を染めて顔をそっぽに向ける。


 少年はミレイに近付くと、その頭頂部に手を置き撫でる。

 「違うって、褒めてるんだよ」

 「ふーん、そっ。あんたに褒められても嬉しくないけどね。それより撫でるのやめてよ。あたしの方が年上なのよ!」


 「といっても一つ年上の十七じゃないか。僕にとって、変わりはないよ」

 「あんた、調子に乗ってるんじゃないわよ。少し、いや、かなり背が高いからって」

 「そんなに身長は高くないよ、平均的さ。ミレイが低すぎるだけだよ。確か、一四······」


 「今すぐ黙って! その口、縫い付けるわよ!」ミレイは咄嗟に、少年の口を手で塞ぐ。

 少年は何かを言うが、口を塞がれているため、良く分からない。

 暫くして、ミレイは手を離した。


 すると少年は、息を整えてから話題を変える。

 「そういえばさ。ミレイはいつからか、僕のこと名前で呼ばなくなったよな。今もあんた呼ばわりだしさ。······どうして?」


 「そ······それは······決まっているじゃない······。あんた······の······」

 「の? 何?」少年の問い掛けに、頬を朱色に染めていくミレイ。頬の色味が最高潮に達した時、続きの言葉を叫ぶ。

 「······あんたなんて、その呼び方で十分だからよ! 分かった!?」


 「答えになってないよ」少年はすぐさま、言葉を返す。

 「理由なんて答える必要ないわ!」

 ミレイの言葉に、少年は少しだけ考える。


 それから暫くして、口を開いた。

 「······そうだ。名前を呼んでくれたら、答えなくて良いよ」

 ミレイは一瞬、はっ? といった表情を見せる。(名前を······呼ぶの······?)

 少年の提案にミレイは戸惑う。

 (そんなの無理よ! 無理、無理、無理······!)


 「ミレイ、どうしたのさ? 名前、呼んでよ。それとも······理由答える?」

 (それも無理······! こうなったら、名前を呼ぶしかないみたいね······)

 半ば強制的に、ミレイは覚悟を決めた。


 「······名前を······呼べば良いのよね? 言うわよ? ······シング······。······ほら、これで良いのよね?」

 名前を呼ばれた、短めな髪の少年シングは、納得したように爽やかな笑みを浮かべる。

 「うん。じゃあ行こうか」


 シングはそう言うと、地面に置いていた白布に包まれている長い何かを背負った。

 ミレイは既に、鎧や武器を身に付けた集団に向かって歩いている。

 「あんた、遅いと置いていくわよ!」


 「結局、あんた呼ばわりに戻るのか。まあ、良いか······」シングは、ミレイと共に集団に向かっていく。



「神聖具と厄災の力を持つ怪物」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く