プロダクションドリーム!

ノベルバユーザー347644

1話始まり、そして悪夢

いつぐらいだっただろうか。
それは5歳の時。
飛行機の落下音が響いていた。
しかし、目を開けるとそこにはフカフカした感触があった。
布団だ。ということは、きっとさっきのは夢だったのだろう。
その日は家族で旅行に行く日だった。
しかし、僕は何故か行きたくなかった。
行くことに今まで感じたことのない恐怖を感じた。
必死に小さいながらも、抵抗した。最終的には、泣きわめいて寝室にとじこもった。
その事もあり、結局その日は旅行は中止になった。
次の日両親たちが、青い顔をしてニュースを見ていた。
両親たちによれば昨日乗るはずだった飛行機が墜落事故を起こしたという。
もし昨日、旅行に行っていたらきっと助かっていなかっただろう。
それから両親に旅行の前の日に見た夢を話したが信じてもらえなかった。
そんなの嘘だ!偶然だと自分に言い聞かせるように両親は言っていた。
その時の記憶が鮮明に残っている。
そう、あれが最初の予知夢だった。
だがそれからというもの、予知夢は見るが、朝ごはんが何だ。とか、今日は両親がどんなテレビを見るのかなど特に大きな予知夢はなかった。
それから離夢が中学生になっていつもどおりの生活をしていたある日。
「ドン!」
街中の建物が次々と爆風とともに崩れていく。
周りは、すごい勢いで燃え続ける炎に響き渡る悲鳴、街中が赤に染まった。
起きるとそこは自分の部屋だった。
「大変だ!」
離夢は家を飛び出した。

「プロダクションドリーム!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く