魔王と歩む世界

太津川緑郎

十五話 再開


微かに開けた目に映るのは、如何にも凶暴そうで、尚且つ推定十メートル以上ある鎌のようなものを片手に、玉座に腰を下ろしている。

「⋯⋯」

何も言い出せなかった、最後に会って以来何ヶ月ぶりの再会だのいうのに、魔王は僕を蔑んだ目で見ているのがわかったから。

「おい! もう死んだのか?」

急所を的確に、尚且つ抉るような質問に答える勇気も気力もなかった。
だが最後の力を振り絞り、不満をぶつけることにした。

「魔法師になったんです、それで今日初任務で、それで、グリフォンが急に乱入してきたんです。酷くないですか? 第一ステージに、後半に出てくるはずのボスが、普通出てきます? 出てこないですよ! 完全に僕の設定知ってての登場ですよ!」

今抱いていた不満を、おそらくラスボスであろう魔王に包み隠さずぶつけた。

「なんか、大変だったんだな ⋯⋯」

ついに、ラスボスにまで同情させることに成功したが、今はそんなことどうでもよかった。

「まだあの街に戻るか?」

「ちょっとここに居させてください!」

最初に来た時も思ったが、住み心地の良さそうな物件だ。
家具は異様なほど大きいが、それも悪くない。
ソファーに腰掛け、少し目を閉じた。

「おい! 怠けるのか!」

「そうさせてもらいます!」

少しの間、ここで怠けることにした。
ラスボスの根城で。
ソファーでゴロゴロしたり、甲冑を着てみたり、ご馳走を振舞ってもらったり。


それから、どれくらいの時間が経っただろう、この城には時計というものがなく、外もずっと真っ暗なままだ。

「そろそろ帰ります ⋯⋯」

「そっ、そうか! 辛くなったらいつでも来るんだぞ!」

その優しい言葉に、目頭が熱くなる。
そうだ、辛くなったら自殺しよう。

「では!」

魔王が手を天に向かって掲げると、僕の周りに魔法陣が描かれる。

眩い光が全身を包む。目が眩んで辺りが見えなかったが、徐々に目も回復し景色の全貌が明らかになる。

「帰ってきてしまった!」

そこは、昔転移した街に戻ってきた。ラージホースに乗るお金もないし、第二連合軍の宿舎の位置も分からない。

「あの⋯⋯あっ!」

あの時の厳ついが、笑顔の眩しい男性に偶然出くわしたのだ。
あの時の笑顔はそのままだったが、服装が前に比べて、裕福な服装になっていた。

「よぉ兄ちゃん! 実はあの後ギャンブルで大成功してな! 兄ちゃんがきっとキューピットだったんだ!これほんのお礼だ!」

そういい革財布を取り出すと、札束をごそっと出し、持っていけと言わんばかりに、ポケットにコソッといれた。

「じゃあな兄ちゃん!」

眩しい笑顔を振りまきながら、去っていった。

「これで帰れる!」

帰りの交通費をゲットすることができた。
この時しみじみおもった。

「人との出会いって、大切なんだな」

その言葉をボソッと声に出すと、丁度目の前をラージホースが通っていた。
手を挙げると止まり、これで無事に帰れるだろう。

「魔王と歩む世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く