夢の日記

猫巫女@配信者

【第2夢】

これは私が月に一回は必ず見る夢だ。

注:少しグロ展開。


※そこは空が紫でみんな何かしら1つの武器や道具を持っていた。そしたらいきなりある一人の顔も知らない男が斬りかかってきた。
私はとっさに持ってた赤く光った刀で、対応した。知らない男は何回も何回も切りつけてきたから私は相手の攻撃の隙をついて刀を振るった。
知らない男の体は横に真っ二つに切れて消えてった。
そこで私の夢は覚めた。体をよく見たら全身汗をかいていた

「夢の日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く