スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件

ノベルバユーザー343700

7話 ギルドマスター室へゴー

ギルドマスターに会わなければいけないのとのことだ。


ギルドマスターというだけあって強いのだろうか。
それとも頭脳派なんだろうか。
自分の中でもギルドマスターについて考えてみる。


「ではギルドマスター室に案内しますね。」


受付嬢に案内について行く。


どうやら二階にギルドマスター室があるようだ。








「ここがギルドマスター室です。」


目の前には他の部屋とは一際違う風格が漂う扉がある。


「私です。開けてくださいギルドマスター。」


「入っていいぞ。」


扉の奥から声が聞こえる。


「ではどうぞ」


受付嬢が頑丈そうな扉を開き中へ案内する。


中に入ると豪華というよりは質素に見繕った部屋が広がる。
棚の上にはたくさんのトロフィーや賞状がおいてある。


「おう、お前さんがケイか。」


一番奥にある席にはギルドマスターであろう筋骨隆々とした男が座っていた。


「はい。僕がケイです。それで登録したばかりの僕になんのご用でしょうか?」


「それはな、お前をDランクにしようかと考えているんだ。」


「登録したばかりの僕がなぜDランクになれるんですか?」


「それはな、このギルドのシステムのせいでもあるのだが最初のランクだと受けられる依頼が採取ぐらいしかないんだよ。だがお前さんは【魔剣士】。早めに実践を行ってほしいと考えこのようにしようと考えた。」


ふむ。


確かに実践は大事だろう。


断る理由なんてない。


「ではDランクからでお願いします!」


「おうよ。」


そして僕の手にはDと書かれた冒険者カードがあった。


「けれどさすがに一回も依頼を受けてない状態でDにすることはできない。なのでこの依頼を受けてもらう。」


そう言いギルドマスターが一つの依頼状が渡される。


━━


月光草の採取


難易度 E


月光草を15本採取してきてほしい。


場所は北門の方の森の中。


報酬 10万E


他個別に月光草を採取で一本につき8000E。


━━


「この依頼なんだが受けてくれるか?」


「はい!もちろん受けさせていただきます!」


僕の初依頼だった。

「スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く