スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件

ノベルバユーザー343700

4話 冒険者登録 1

町に入るとガラッと雰囲気が変わった。
レンガ造りの家が立ち並び、屋台や出店などがあり賑わいを見せている。


「これが異世界の町かぁ~」


見慣れない光景に辺りをキョロキョロ見回してしまう。
端から見たら少し変な人というイメージになってしまうので一回やめ案内板のようなものに近づき地図をみる。


案内掲示板にはお尋ね者の情報や広告、地図がはってあった。
なかにはボロボロになった木の板にかかれているものもあった。


「門番がさんが役所か冒険者ギルドに行った方が良いって言われたっけ。どちらが近いかな……、おっ、みた感じ冒険者ギルドが近いみたいだしそっちに行くか。」


僕は案内掲示板の地図の冒険者ギルドの位置を記憶し冒険者ギルドに向かった。










「失礼しまーす」


冒険者ギルドの扉を開く。
するとなかにいる冒険者の視線が一斉にあつまる。
かなり恥ずかしい。


とりあえずカウンターのような場所に向かう。


「すいません。」


「はい、本日はどのようなご用件でしょうか?」


受付嬢が対応してくれる。


「正式な住民票が作りたくてきました。」


「わかりました。では仮住民票出してください。」


「はい。」


受付嬢に門番さんからもらった仮住民票差し出す。


「では、住民票をつくって参りますので少々お待ち下さい。」


受付嬢は自分のいたカウンターに準備中という立て札をかけギルドの奥に消えていった。










2分後


「完成しました。正式な住民票です。なくしたら再発行にお金がかかってしまうのでの注意ください。」


「はい。ありがとうございます。」


ここで気になったところを質問する。


「冒険者ってどのような仕事なのですか?」


もしかしたらお金が稼げるのではないかと考え受付嬢に質問する。


「冒険者は基本的に何でも屋です。好きな以来を受けてお金を稼ぐ。こんな感じです。それで冒険者にもランクがあり、E~Sまであります。パーティの場合はそのパーティーに入っている一番ランクが高い人がそのパーティーのランクとなります。」


さらに説明が続く。


「また、ランクが高くなると様々な特典があります。何があるかはお楽しみです。また魔物の素材を素材買い取りカウンター買い取っていますので使ってみてください。」


「私からの説明は以上です。どうしますか?冒険者になりますか?」


そりゃもうすでに決まっている。


「冒険者になりたいです!」





「スキル【一匹狼】がほとんどボッチだけど最強だった件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く