クラス転移したのに俺だけ勇者じゃないのだが。

ヒイラギ

第5話 図書室

図書室のなかはとても広く、壁一面に本が並んでいた。

「探すの大変そうだ…」

思わず声を漏らすと後ろから声を掛けられた。

「あの!もしかして召喚された勇者様ですか!?」

「え、あ、はい。確かに僕は召喚者ですが…
[勇者]の称号は持っていないんです」

「そうでしたか…失礼なことをお聞きしてしまいましたね…
申し遅れましたが私はこの図書室の司書を務めているものです。
何か本をお探しの様でしたがお手伝いしましょうか?」

「えっーと、魔術や魔法などの本を探しています」

「魔法の本でしたらあの階段のぼった所にありますよ」

「ありがとうございます」




俺は魔法の本を読みまくった。
だいたい予想はしていたが魔法には攻撃魔法と補助魔法の2つがあるそうだ。

攻撃魔法には火 水 雷 土 風 闇 光 の魔法があり、
一般には一人2~3の属性をもっていて火属性が無いと火魔法は使えないと、言ったように
属性が無いと魔法は使えないらしい。

補助魔法には 癒 呪 の2つがあるそうだ。
因みに補助魔法の属性を持っているのは
10人に一人程で、2つの補助魔法が使える人は滅多にいないらしい。

そして無属性と言う魔法があるのだが、使う人によって使える魔法が違って、無属性はとても便利な魔法が多く、誰もが持っている属性らしい。


一応属性の説明もしておこう。

(あまり重要でもないので飛ばしてもいいですよ。)




【火属性】(ファイヤ)

火魔法が使える。一定レベルが上がると
より強い火炎魔法が使えるようになる。

【水属性】(ウォーター)

水魔法が使える。一定レベルが上がると
氷魔法が使えるようになる。

【土属性】(アース)

土魔法が使える。

【雷属性】(エレキテル)

雷魔法が使える。

【風属性】(ウィンド)

風魔法が使える。

【闇属性】(ダーク)

闇魔法が使える。

【光属性】(ライト)

光魔法が使える。 

【無属性】(ノーマル)

無属性魔法が使える。使える魔法が人によって違い、その魔法の数も多い。

(例)召喚魔法、鑑定魔法、身体強化など。

【癒属性】(ヒール)

回復魔法が使える。レベルが上がると希に、
復活魔法が使えるようになる。

【呪属性】(フルーフ)

呪い魔法が使える。基本的には攻撃対象は一体だが、レベルが上がると範囲攻撃も可能になることがある。




そしてもう1つ、俺自身が気になった事があった。
召喚者に着いての本があったのだ。

沢山の人を召喚したとき、ほとんどの人がが
共通した珍しい称号を持っているのだが希に持っていないものがいるそうなのだ、今回の俺のように。

これは召喚した者の失敗らしく、たまにこういったケースがあり、基本的には一般人と変わらないそう。

だがしかし、ごくまれではあるけども召喚したものの失敗ではないのに、称号を持っていないことがあるらしい。

詳しいことは分かっていないようで残念ながら
理由までは書かれていなかった。


ふと時計を見てみると9時50分だった。

「あ、やば!」

俺は急いで中庭に向かうにした。

「クラス転移したのに俺だけ勇者じゃないのだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く