クラス転移したのに俺だけ勇者じゃないのだが。

ヒイラギ

第3話 風呂上がりの重大発表

「やっと来てくれたか、少し遅かったな」

王の部屋に入っていきなり声を掛けられた。
うーむ。俺が勇者じゃないからか、敬語がほぼ無くなったな。まぁいいか、取り敢えず
今日はもう疲れたから早く寝たいのだが…

「いやぁ突然すまないね。君のことについて少し話があるんだ。聞いて言ってくれないか。」

「わかりました」

「話が早くて助かる。さっそく本題へ移ろう。
さて、君は[勇者]の称号がない。間違いないね?」

「はい、残念ながら私にはありません」

「そこで、君にはここにタダですませる訳には行かないのだよ、何故なら勇者様の部屋だからね。
だかそれだと君を物置で寝かせることになってしまう。そういう訳にも行かないので君にはこの城で働いて貰いたい。どうだろうこれで良いか?」

この世界は称号主義かなんなのか?
勇者じゃないだけでこれだけの差別を受けてしまうのか…まぁ仕方ない。俺には力がなかったのだから。
でも、働くのはちょっと面倒だよな…

「断ったらどうなるのでしょうか?」

俺はすぐさま返答した。
もし断ったらどうなるのか気になったのもそうだが、食事や服そうなども気になる。

「そうだな…ここの物置か……それかここから
出て行ってもらうことになるな。」

うーん参ったなぁ…正直城の仕事なんてことはしたくない。絶対大変だろうし…。
せっかく異世界にきたんだ、前の世界同じようなことはしたくない。かといって物置で寝るのは嫌だしな…。いっそここから出ていってしまおうか。そうすれば自由の身になる。でも流石に一人でやっていく勇気は俺にはない…

「わかりました…
それでは…働かせていただきます」

「うむ。やはりそうするか。それでは早速仕事に着いての話をしたいのだがいいかね?」

「少し待ってください。僕はこの仕事をすれば
食事や泊まる部屋、服装など皆と同じものを着ることが出来るんですよね?」

「あぁ。いいだろう。」

「ありがとうございます。」

「まぁなんだ。仕事と行っても朝と晩の水くみと、食堂の準備位だから安心てくれ」






王との話を終えた俺は自室と言うなの物置に帰ってきた。それにして風通しが良すぎて寒いな…。
そういえばこの世界は日本語が通じるみたいだった。それとも異国の言葉を理解出来るような力が俺達にあるだけなのだろうか…

そんなことを考えているうちに眠気に襲われ俺は眠りについた。


次の日…

「イタッ」

物置で寝たせいか体が痛いな…。
そういえば今日は戦闘訓練だったっけ…。
俺も参加出来るのだろうか…。

【食堂にて…】

水くみを終えた俺は食堂へと足を運んでいた。

「広いなぁ…」

余りの広さに声を漏らしていると
調理員だろうか。声を掛けてきた。

「あ、あなたが篠崎さんですね?」

「はい、そうですけど…。」

「私はこの食堂の調理長をしています。
ヒル・メッセと言います。
話はジン国王様から聞いております、
今日から宜しくお願いしますね?」

「はい!こちらこそお世話になります」

それから仕事内容について説明を、受けた。
どうやら俺は料理運びをすればいいらしい。
少し作法などを学んで、朝食に向けての準備が始まった。料理を運ぶ仕事。最初は楽だと思っていたが、実際やって見ると結構大変だった。
気づけば朝食の時間になり、クラスの奴らが集まり始めていた。




朝食の準備が終わり、やっと朝ごはんが食える!
と持っていたのだが今度は佐藤に声を掛けられた。

「あ、俊介君おはよう〜」

「おはよ、佐藤さん」

「どうしたの?調理室から出てきたみたいだけど…」

「うん。実はね…」

俺は佐藤さんに事情を説明した。

「なるほどね…大変みたいだけど、頑張ってね!」

「うん。ありがと」

佐藤さんと話していると王様がやってきた。
どうやらクラス全員もそろったようだな。
それに今日の食事は美味そうなものばかりだ…味噌汁があるがこの世界には[和食]という文化があるのだろうか。

そんなことを考えていると王の家来のような人がやってきた。

「どうやら皆様お揃いのようですね
今日は戦闘訓練があります。朝食後、中庭に集まってください。
それでは食事にしましょう!」

「クラス転移したのに俺だけ勇者じゃないのだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く