世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

シュトルツ城10

「はっ!」
 一斉に起立をし、敬礼をした。
 二隊(ふたたい)の熱意と魂が空気を震わした。
 常に心は、国家の為にある。その場にいる誰もが国を守る盾となり、国民を導く標となっている。
 常にその事を脳内に、末端の神経一本一本に染み込ませ、任務を迅速且つ、抜け目の無いよう網羅しなければならない。
 二度として同じ状況下での任は無いだろう。
新な環境・混沌の中で行う覚悟が全霊を震わせた。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く