世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

シュトルツ城9

「単刀直入に言う。騎馬隊の1、2軍は遠征に出て欲しい。」
 密偵隊より、以下の報告があがった。
 「暴徒が我が国ハイリグスランド広域で出没しているとの事だ。狙われた物は商店街の中でも、貴金属店等、比較的単価の高い商品が狙われている。」
 買い出し中に手当てをした 陶器屋の主人を思い出した。
「 しかし、不自然な事に、ほとんどお金が奪われていないんだ。騒ぎを起こしたいだけの愉快犯の可能性もある。もしくは転売か‥」
 これ以上被害が出るのは我々エーデル騎士団としても看過できない。
 城の警備は騎馬隊3軍以下、計28隊を中心に回していく。
 本日15時迄に出発してもらう。
「一つだけ厳守してもらわなければいけない事がある。任務に当たっている密偵隊と団長であるエーデル・リヒト以外に任務内容を明かさないでくれ。」
 不自然な点が複数あるため、只の窃盗団で無い可能性が極めて高い。くれぐれも慎重に行動するように。
 

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く