世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

シュトルツ城6

「間もなく昼食が振る舞われるから、キリの良い所で大広間に来るように。他の者にも伝えて置いてくれ。それと‥カールにも伝えてあるんだが、騎馬隊の1,2軍に団長より召集がかかった。昼食後にそのまま広間に居てくれ。」くれぐれも他の隊には内密に。エーデル騎士団2軍小隊長補佐のティメオに念を押してその場を去った。
 いつも通りの任務‥自然なやり取り‥気を引き締めて誠実に任務に当たるだけではままならない事があるとこを見せつけられる事になる。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く