世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

シュトルツ城3

 柔らかなワインレッドの絨毯を歩いていく。
 王族直属の騎士として常日頃から立ち居振舞いは完璧であるのが暗黙のルールだ。
 王族にも同じ事がいえる。
 習慣にする事で、シュトルツ城全体が国の司令塔として機能を果たす。
 有事の際に安全を素早く確保できるかは、国と国民とが信頼関係を築けるかにかかっている。
 瞬時に動けるよう気を引き締め、 城の敷地内にある兵宿舎へと向かう。
外では稽古をつける兵士の威勢のいい掛け声がちらほらと聞こえてくる。
長い回廊のガラス窓からその風景を無意識に観察していた。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く