世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]

千桜

シュトルツ城1

門番達に敬礼をし、いつも通り正門をくぐり抜けて直ぐの東の小屋にアインホルンを戻すよう部下に命じた。
大量の食材は新鮮な内に厨房へ持っていかなくては。
もうニ人の部下とリアカーをひきながら厨房がある西奥へと歩みを進めた。
丁度稽古が一段落ついたのだろう。外を出歩いている兵士はおらず、皆昼食を摂る前に一休憩している頃だ。
調理担当に軽く挨拶をして、手を洗ってから買った食材をしまい始めた。
既に木製のプレートに載ったバランスの良い洋食が目に入った。
ローゼ嬢にお出しするものだ。お世話係はカールだったな。少しだけ羨ましい‥
邪念を振り払いきちんと収納してく。流石の大所帯。いつもながら手間が掛かるが慣れた手付きでものの10分で全てしまい終わった。

「世界の破壊を阻止せよ[運命を握るのは幼女?!]」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く